「かっこいい」 南野拓実のモナコ移籍濃厚、新ユニフォーム着用“加工”投稿が話題「全然違和感ない」

去就が注目されているMF南野拓実【写真:Getty Images】

去就が注目されているMF南野拓実【写真:Getty Images】

リバプール専門メディアがお別れメッセージ「タキ、幸運を祈る」

 イングランド1部リバプールに所属する日本代表MF南野拓実が、フランス1部ASモナコへ移籍することでクラブ間合意したと海外メディアで報じられたなか、リバプール専門メディアが早くも、新天地のユニフォーム姿が収められた加工画像を公開。ファンからは「似合ってる」「全然違和感ない」との声が上がるなど、反響が寄せられている。

 南野は、2020年1月にオーストラリア1部ザルツブルクからリバプールへ移籍。21年2月にサウサンプトンへ期限付き移籍し、21年夏から再びリバプールへ復帰したなか、限られた出場機会のなかで公式戦20試合10ゴールの結果を残してFAカップとリーグカップの2冠に貢献していた。

 一方で、来季も引き続き出場機会が見込めないことから、今夏の移籍報道が過熱。有力視されていたモナコへの移籍がクラブ間合意に達したと英メディアで報じられ、移籍金は1550万ポンド(25億8000万円)と伝えられており、フランスリーグ行きが秒読み段階だと言えそうだ。

 そんななか、リバプール専門メディア「Anfield Watch」の公式ツイッターが、モナコのユニフォームを着用した南野の加工画像をアップ。「Good luck, Taki(タキ、幸運を祈る)」というメッセージ付きの投稿には多くのコメントが寄せられ、「これは間違いだ」「なぜ売るんだ? タキは重要な戦力だった」という海外ファンの声も上がった。

 一方、新天地とされるモナコのユニフォーム姿の加工画像に対しては、「似合ってる」「バリかっこいい」「普通に似合って見える」「全然違和感ない」などといった反応が並んでいた。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す