槙野智章、“1300万円超”愛車のナンバープレート盗難被害にサッカー界も騒然 「なんでそんなおもしろいんすか?」

神戸でプレーするDF槙野智章【写真:高橋 学】

神戸でプレーするDF槙野智章【写真:高橋 学】

愛車「テスラ」Model Xのナンバープレートが盗まれたとツイッターで報告

 ヴィッセル神戸の元日本代表DF槙野智章は5月19日、愛車のナンバープレートが盗難に遭ったことを自身の公式ツイッターで報告した。同僚など現役選手、OBからも「なんでそんなおもしろいんすか?」「マジ?」といった声が上がり、反響は拡大している。

 槙野は今季開幕前に浦和レッズから神戸へ移籍。ここまでJ1リーグ戦11試合に出場し、1ゴールをマークしている。チームはここまでわずか1勝(4分8敗)にとどまっているが、ムードメーカーとしても奮闘を続ける。

 そんななか、槙野にハプニングが起こった。1300万円超えの愛車「テスラ」Model Xのナンバープレートが盗まれたのだ。ツイッターで前後のナンバープレート部分がはがされている状態を公開し、「ナンバープレート盗まれました。返して下さい。売りに出さないで下さい」と訴えている。

 槙野のナンバープレート盗難被害には、ファンだけでなく、サッカー界にも衝撃が走っている。神戸の同僚であるDF菊池流帆が「なんでそんなおもしろいんすか?」とコメントすれば、浦和時代に共闘した経験のある南葛SCの元日本代表MF関口訓充も「それはオモロイ!笑 自分でとったん??笑」と反応し、槙野は「自分で取るかー!笑」と切り返している。

 また、元浦和レッズFW水内猛氏も「マジ? しかも前後しっかり」と返信しており、OBも驚きを隠せないようだ。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す