「正直、僕らは決して強くない」 残留決定のボーフム、終盤に浅野拓磨の“使い方”をマスターできた訳「賛辞に値」

ボーフムでプレーするFW浅野拓磨【写真:Getty Images】

ボーフムでプレーするFW浅野拓磨【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】ボーフムは1部残留が決定し、ホーム最終戦でも勝利 「選手はみんな全力でプレー」

 サッカー界は時間の流れが速い。毎週のように新しいことが起き、次に向けての情報がどんどんアップデートされていく。選手の移動は確かに日常茶飯事。でも本当のファンは、スマホのデータを入れ替えるかのように選手の入れ替えを眺めたりはしない。

 炭鉱町ボーフムを本拠とするボーフムにはふさわしいヒーローがいる。例えばキャプテンのロシア。30歳でブンデスリーガデビューを果たした苦労人だ。現在35歳ながらなくてはならない存在で、今季残留の立役者の1人としてファンから深い信頼を得ている。

 そしてロベルト・テッシェ。新加入選手の活躍もあり、今季限りでクラブを去ることになっていた。ホーム最終戦となったビーレフェルト戦では他の当該選手とともに試合前にお別れセレモニーが行われたのだが、テッシェの名前がコールされるとゴール裏のファンからひときわ大きな声援が送られた。

 ファンは忘れてはいない。2部リーグ優勝を果たした昨季、大事な終盤5試合で5ゴールを含めた素晴らしいパフォーマンスで、愛すべきクラブを12年ぶりに1部へと導いてくれた英雄のことを。忘れるはずがない。

「テッシェがいなかったら俺たちはここにはいなかった!」

 2万5000人満員のスタジアムでファンは何度も何度も大きな声で歌った。残留を決定づけているボーフムにはホーム最終戦も本気で戦う理由がある。そして実際に素晴らしいプレーの連続で2-1の勝利を飾った。

 監督のライス氏は試合後の記者会見で「すでに残留したことでチームがどんなプレーをするのかというのがよく聞かれていたが、選手はみんな全力でのプレーを見せてくれた。賛辞に値することだ。試合開始から非常にアクティブで、いくつかのチャンスを作り出した」と選手のモチベーションを絶賛した。

 それはプロ選手として当たり前ということではなく、ファンと選手の絆、クラブへのアイデンティティのためにどんな試合でも全力でプレーしたいと思えるだけの空気感がこのクラブにはあることの証でもある。

 先制ゴールを決めたFWセバスティアン・ポルターは「勝利というのはいつでも素敵なものだね。今季ホームラストマッチでファンからのあんなに素晴らしい声援をしてくれるのを聞けるのはセンセーショナルなことだ。僕ら選手、スタッフ、コーチングチームそしてファン、みんなが今季の結果にふさわしいことをしてきた。僕らは本当にがっちりと一致団結することができたんだ。小さな子供のころに夢見たものがあるとしたら、まさに今の僕らだ。クラブをこんなにも愛して、クラブと生きている多くのファンで埋め尽くされたスタジアムでプレーできるなんてセンセーショナルなことだ」と、喜びを言葉にしていた。

 後半28分からピッチに立ち、試合後にはゴール裏のファンに呼ばれて別れを惜しまれていたテッシェは感慨深げにテレビインタビューに答えていた。

浅野は終盤3試合で3ゴールという結果を残した

「とても素敵な気持ちだよ。すごく感動している。ファンが僕らをこんなにもサポートしてくれるなんて信じられないほどのものがある。ファンの力で僕らは今季何度も素晴らしい勝利を挙げることができたんだ」

 そんなボーフムの喜びの輪の中には日本代表FW浅野拓磨の姿もあった。このビーレフェルト戦も含め終盤3試合で3ゴール3アシストの活躍を見せるなど、ボーフムファンの心をガッツリとつかんでいる。チームとの関係性が良好というのもいい。浅野は以前チームの課題として次のように話していたことがある。

「正直、僕らのチームは決して強くはない。個人個人のレベルも、ブンデスの中でいったら高いかといったらそうではない。だから、1人1人がパスを出した後のワンプレー、受けるプレーをもうちょっと意識あげられたら、もっと全員が絡める場面が増えてくるはず」

 以前はチーム全体としてボールを持った時に焦りすぎていたり、あるいは臆病になってしまっていたが、いまはそんなことがない。ピッチ上の選手全員が「いつ、どこで、誰に、どのようなボールを送るべきか」という共通イメージのもとプレーできているのは大きい。

 浅野の使い方にしてもそうだ。どのあたりにどんなボールを送ったら浅野はボールを収めて、チャンスにしてくれるのかというのをわかってもらえている。重心低くぶつかり合いにも強くなっている浅野は守備ライン裏へのロビングボール処理がうまい。第28節ホッフェンハイム戦ではまさにその形から抜け出して2ゴールをマークした。

 シーズン前は降格候補として名前を挙げられていたボーフムが最終節を待たずに残留を決めることができたのは、チームによるそうした日頃からの確かな取り組みがあり、チームに自信と確信を植え付けていったライス監督の素晴らしい手腕があったからこそ。

 昇格2年目となる来季も厳しい戦いが待っている。それでも今季培った経験をベースにボーフムはクラブ一丸となって道を切りひらいていくだろう。苦しい時こそ1人1人の力を合わせて乗り切る。炭鉱町のクラブにはがっちりと結びついた団結力があるのだ。(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)

ジャンルで探す