目指すはバロンドール 新怪物FW中島大嘉、愚直なまでの向上心と素直さが生み出す脅威の“成長力” 

U-21日本代表のFW中島大嘉【写真:Getty Images】

U-21日本代表のFW中島大嘉【写真:Getty Images】

【識者コラム】実力とユーモアを兼ね備えた逸材「玖生に負けないぐらい有名になりたい」

「世間の人たちに騒がれる結果を提供できる。1つざわつかせたい」

 そう意気込んで臨んだU-21日本代表のFW中島大嘉(北海道コンサドーレ札幌)。しかし、5月11日に行われた全日本大学選抜との練習試合で、ゴールという目に見える結果を出すことはできなかった。

 今回のファーストチームと見られる1本目のメンバーで、4-3-3のセンターフォワードに入った中島。FW染野唯月鹿島アントラーズ)とMF松木玖生(FC東京)がインサイドハーフに入る変則的な布陣だったが、大学の猛者たちを相手に押し込む展開となった。

 アンカーに入ったMF櫻井辰徳(徳島ヴォルティス)の展開から左ウイングのFW宮城天川崎フロンターレ)のカットインや右サイドバックのDF成瀬竣平(ファジアーノ岡山)のクロスで大学選抜ゴールを脅かす。

 ボックス内で何度か危険な動きを見せた中島だが、急造チームの影響もあってか、周囲とのコンビネーションが合わず。サンフレッチェ広島の特別指定選手で、年代別代表の常連でもあるDF山﨑大地(順天堂大)などの奮闘もあり、多くのチャンスを作りながら1つもゴールを割ることはできなかった。

 試合は2本目に大学選抜が2得点を奪い、合計スコア2-0で全日本大学選抜が勝利。その瞬間には悔しさもにじませた中島だが、報道陣の前ではいつも通りの明るさを見せていた。

「点を取れてたら、試合を見てない人にも、もっとインパクトを与えられていた」

 そう語った中島だが「(松木)玖生に負けないぐらい有名になりたいです」と報道陣を笑いの渦に巻き込んだ。

 大岩剛監督が率い、パリ五輪を目指す代表チームに選ばれたのは初めてだが、2年前の12月に行われたU-18代表候補の合宿に招集され、松木とも一緒にプレーしていた。

「あの時は友だちが結構おったので。今回はテレビで見てる人たち。ああすげえって思って」

 長崎の国見高出身である中島は、2003年生まれの松木より1つ年上。当時のメンバーは高体連の選手も多く、同学年や下級生を相手に馴染みやすかったようだが、今回は「タツ(櫻井辰徳)と玖生のほかは知らなかった」という。

「みんなグループができてるので。自分、人の名前とか顔とか分からない。誰が年上で誰が年下か分からない。初め敬語で行くんですけど、馴染めてないかなと」

3日間の合宿が大きな刺激に

 その言葉だけを聞くと誤解を与えるかもしれないが、中島は内向的でもなければ、社交性に欠けるわけでもない。要するに素直なのだ。思ったことは包み隠さず口にするキャラクターであり、いい意味で表裏を感じさせない。

 例えば、得意のヘディングについて聞かれると、「身長も高くて身体能力も高くて、上で止まれる。人より高い自信はあった」と自信満々に言ってのけたあとで、ポジショニングや入るタイミングなど、明確な課題に向き合ってきたことを認めつつ、高校時代に朝練からクロスを上げてくれた仲間に感謝を表していた。

 そんな中島が今回の合宿でやや苦していたのがオン・ザ・ピッチのコミュニケーションだ。札幌であれば手のジェスチャーやちょっとした動作で味方が気付いて、パスを出してくれる。しかし、勝手がちがう代表チームではそれだけでは味方が気付いてもくれないのだ。

「(札幌では)あんまり呼んで、相手にばれたくないので手でやっています。チームだと分かってるので。だけど、ここでは声を出さないと見てもらわへんなと」

 そう意識した中島は練習試合でも積極的に声を出して、ボールを引き出そうとしているように見えた。そしてオフ・ザ・ピッチを含めて「サッカーしてたら仲は良くなっていく」と語る中島にとって、たった3日間の合宿でも大きな刺激を得るものになったはずだ。

 もちろん、今回は6月1日からウズベキスタンで行われるU-23アジアカップの選考も兼ねている。この結果でパリ五輪行きが決まるわけではないが、2年後を目指すチームにとって非常に重要な大会であり、選手にとっては格好のアピールの場になることも間違いない。

 中島の目標は「バロンドール」(世界最高選手の称号)だ。もちろん筆者も最初にそれを聞いた時は、突拍子も無い夢物語に思いつつも応援したい気持ちでいた。それから札幌での成長ぶりを見て、まったくの絵空事でもないと思えるようにはなってきているが、本人が真っ直ぐな向上心で、日々を取り組んでいる証でもあるだろう。松木は中島に筋トレ指導したことを聞かれると「ちょっとサボっていた(笑)」と語ってはいたが。

 今シーズンはルヴァンカップで4得点、リーグ戦で2得点の合計6得点。高卒3年目の若手選手として考えれば上々だが、はるか高みを目指す中島は「6点しか取ってない」と自分の厳しく語る。それでも特長に対する揺るぎない自信はある。それをどう、さらなる結果につなげていくのか。ここからU-23アジアカップに招集される、されないにかかわらず、中島のJリーグでの進撃に注目していきたい。(河治良幸 / Yoshiyuki Kawaji)

ジャンルで探す