ユーべ新ユニフォーム、J2クラブとデザイン酷似にファン反応

ユベントスの第4ユニホームに反響【写真:ロイター】

ユベントスの第4ユニホームに反響【写真:ロイター】

J2長崎の2019年ホームユニと類似したユベントスの新デザインユニが話題

 イタリア1部の名門ユベントスが新たに発表した第4ユニフォームデザインが、J2のV・ファーレン長崎が2019年に着用したホームユニフォームと酷似していると話題になった。ユニフォーム関連に特化した海外メディア「Footy Headlines」では、「どちらのユニフォームが好み?」とファンへ質問を投げかけている。

 ユベントスの2021-22シーズン4thキットは、アディダス社製のもので、ブラジルの有名なストリートアーティストとして知られるエドゥアルド・コブラ氏がデザインを手掛けた。

 対して長崎の2019年のホームシャツは、ヒュンメル社製。ユベントスと制作会社も異なるが、青とオレンジをメインカラーに、ひし形模様があしらわれたユニークなデザインは似通った部分が多いように見える。

「Footy Headlines」公式インスタグラムでは、「ユベントス21-22フォースシャツ-V-ファーレン長崎キットと同じデザイン?」と類似性を指摘したうえで、「どちらのユニフォームが好み?」と質問を投げかけている。

 これに海外ファンは、「どちらもいい」「どっちがコピーかわからない」「日本のほうが好きだ」「ジャパネット」「なんて美しいテーブルクロス」とさまざまに反応。また、日本ファンからは「ジャパネットさんがユベントスの胸スポンサーするしか」「似てるけど、いいんじゃないの」と寛容なコメントも寄せられており、ユベントスの新ユニフォームデザインへの反響が広がっていた。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す