小野伸二、18年前の“ドラゴン劇場”を回想「懐かしいです…」

元日本代表MF小野伸二【写真:Getty Images】

元日本代表MF小野伸二【写真:Getty Images】

2004年4月28日に開催された一戦は久保竜彦のゴールで1-0と勝利

 日本サッカー協会(JFA)公式インスタグラムは、18年前の4月28日に開催された国際親善試合チェコ戦の写真を計4枚アップ。元日本代表の2人がSNSで反応している。

「18年前の今日、国際親善試合が行われ、33分に #久保竜彦 選手が豪快にゴールネットを揺らしゴールを奪うと、この1点を守り切り勝利を手にした」

 JFA公式インスタグラムがこのように綴って触れたのは、2004年4月28日に開催された日本対チェコの一戦だ。“リトル・モーツァルト”の愛称で親しまれたMFトマーシュ・ロシツキー、FWミラン・バロシュらを擁するチェコ相手に、FW久保竜彦の決勝ゴールで日本が勝利した。

 試合前の集合ショット、殊勲の久保、そして勝利後の喜びの姿が紹介されているなか、この試合に後半36分から途中出場した元日本代表MF福西崇史氏がインスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)で「ドラゴン劇場の時や。懐かし」とコメント。これを引用する形で、先発出場で後半36分までプレーしていた元日本代表MF小野伸二北海道コンサドーレ札幌)も「懐かしいですねぇ」と反応していた。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す