ヘンク伊東純也が今季6得点目「メッシみたい」「はやすぎ」 横断快足ドリブル→3人突破のコントロール弾に衝撃

クラブ・ブルッヘ戦でゴールを決めたMF伊東純也【写真:Getty Images】

クラブ・ブルッヘ戦でゴールを決めたMF伊東純也【写真:Getty Images】

クラブ・ブルッヘ戦で伊東が見事な個人技からゴール、敗戦も存在感

 ベルギー1部ヘンクの日本代表MF伊東純也が、現地時間3月20日のリーグ第32節クラブ・ブルッヘ戦(1-3)にスタメン出場し、横断ドリブルからのコントロールシュートを叩き込み、今季6ゴール目をマークして存在感を放った。試合には敗れたものの、衝撃弾に驚きが広がっている。

 3月シリーズの日本代表メンバーに選出された伊東は、クラブ・ブルッヘ戦にスタメン出場。開始4分に先制ゴールを奪われるも、前半39分に日本人アタッカーが見事なプレーを披露する。

 ヘンクが右サイドから打開を図ると、ペナルティーエリア右付近で伊東がパスを受け、相手のマークをかいくぐるため真横方向へ横断ドリブル。瞬間的に3人に囲まれるも見事に個人技で打開し、最後は左足でグラウンダーのシュートを流し込んだ。

 伊東の今季6ゴール目で一度は同点に追い付いたヘンクだったが、その後に被弾。ヘンクが退場者を出した影響もあり、最終的に1-3で敗れている。

 DAZN公式ツイッターは伊東の同点ゴールのシーンをピックアップし、「個人技で打開し、狙いすましたコントロールショット」と映像を紹介。ファンから「これは稲妻ジュンヤ」「もはや日本のエース」「上手い」「はやすぎ」「メッシみたい」と称賛の声が上がった。

 日本代表は今月、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア戦(24日)、ベトナム戦(29日)に臨むなか、代表でも存在感を放つ伊東に期待が懸かる。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す