スーパールーキーMF松木玖生、 風格漂う“味スタ初陣”プレー姿が「カッコイイ」と話題

FC東京の高卒ルーキーMF松木玖生【写真:Getty Images】

FC東京の高卒ルーキーMF松木玖生【写真:Getty Images】

3月12日の広島戦で今季ホームゲーム初勝利

 FC東京は3月12日、J1リーグ第4節サンフレッチェ広島戦で2-1と勝利し、味の素スタジアムでの今季初ホームゲームを白星で飾った。クラブ公式インスタグラムは、フル出場した高卒ルーキーMF松木玖生のギャラリーをアップしている。

 アルベル・プッチ・オルトネダ新監督を迎えたFC東京は、開幕戦で川崎フロンターレに0-1で敗れたあと、複数のトップチーム選手・スタッフが新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受け、チーム活動を停止。2月23日のルヴァンカップ・グループステージ第1節ジュビロ磐田戦、26日のJ1リーグ第2節・名古屋グランパスとホームゲームがいずれも中止となった。

 3月2日のルヴァンカップ・グループステージ第2節アビスパ福岡戦(0-1/ベスト電器スタジアム)を経て、6日のJ1リーグ第3節セレッソ大阪戦(ヨコドウ桜スタジアム)で1-0と新体制初勝利。12日の広島戦は待望の今季初ホームゲームとなったなか、DF森重真人、FWアダイウトンに立て続けにゴールが生まれ、2-1で勝利した。

 開幕3試合連続でスタメンに名を連ねた松木は、4-3-3のインサイドハーフで出場。走行距離はチームトップの12.386km、試合全体で見ても広島のMF野津田岳人(12.636km)に次ぐ2位で、スプリントもMF安部柊斗に次ぐチーム2位の22回を記録した。

 FC東京公式インスタグラムは、「vs サンフレッチェ広島。味スタデビュー戦を勝利で飾る。強く強く戦い続けた #松木玖生」と、18歳のルーキーの写真を6枚アップ。風格漂うラインナップに、ファンからは「カッコイイ」「イケメンが過ぎる」「インスタ始めて欲しい!!!」といった声が上がっていた。

 アルベル監督の信頼を勝ち取る松木が、どこまでプロの世界で対等に渡り合い続けられるか、今後のパフォーマンスは実に興味深い。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す