森保ジャパン、大迫がPKで先制点 伊東のクロスが相手DFのハンドを誘発

大迫勇也がPKで先制【写真:高橋 学】

大迫勇也がPKで先制【写真:高橋 学】

前半11分に伊東のクロスが中国DFワン・シェンチャオのハンドを誘ってPK奪取

 森保一監督率いる日本代表は1月27日、ホームでのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第7節で中国と対戦。前半13分にFW大迫勇也ヴィッセル神戸)がPKを決め、日本が先制した。

 DF吉田麻也(サンプドリア)とDF冨安健洋アーセナル)を怪我で欠く日本は、センターバック(CB)にDF谷口彰悟川崎フロンターレ)とDF板倉滉(シャルケ)が入った。

 4-3-3システムを採用した日本は、前半6分にスローインに右サイドを抜け出したMF伊東純也(ヘンク)がペナルティーエリア内に入り込むも、シュートは枠外へ。その1分後のFW大迫のシュートも相手に当たってゴールはならなかった。

 そのなかで迎えた前半11分、日本はペナルティーエリア内右から伊東が折り返したボールが中国DFワン・シェンチャオの手に当たってハンド判定。これを大迫が冷静に決め、日本が先制点を奪った。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す