ロシア ウクライナに軍事侵攻

2ゴールの長谷川唯、アジアカップ白星発進も反省 「想像しているよりも難しい試合になった」

2ゴールで勝利に貢献したMF長谷川唯【写真:AP】

2ゴールで勝利に貢献したMF長谷川唯【写真:AP】

ミャンマー相手に5-0と大勝もフィニッシュに課題

 なでしこジャパン(日本女子代表)は1月21日、女子アジアカップのグループリーグ初戦でミャンマーと対戦。FIFAランク47位の相手に5-0と大勝したが、主力のMF長谷川唯は試合後、「想像しているよりも難しい試合になった」と振り返った。

 日本は前半22分、右サイドでGK山下杏也加のロングキックで裏を取った長谷川がクロスを上げると、ゴール前に走りこんだFW植木理子がヘディングで合わせて代表初ゴールとなる先制弾を決めた。

 その後も試合を支配する日本が主導権を握るなか、前半42分にMF林穂之香が相手選手との接触で負傷。MF猶本が急きょ出場するハプニングが発生するも、日本は動じなかった。後半早々に長谷川が追加点を奪うと、同7分にはMF猶本光が華麗な直接FK弾を決めてチーム3点目。MF成宮唯のミドルシュート、さらには長谷川の自身2点目も生まれ、5-0で勝利した。

 長谷川は試合後、「まずは勝ったことが良かった」としつつも、「想像しているよりも難しい試合になった」と立ち上がりにミスがあったことを反省した。

「いつもどおりサッカーを楽しむことはできたけど、試合の入りにミスはあったので、改善しないといけないとは思う。(池田太)監督も言ったように、決定的なシーンは自分も含めもっとたくさんあった。そこを決めること。後半はコンビネーションも見られたけど、前半の相手が体力のあるなかでもコンビネーションを使えれば、前半から多くの点が取れると思う」

 10番のFW岩渕真奈が新型コロナウイルス陽性により不在のため、長谷川への期待はさらに大きくなりそうだ。(FOOTBALL ZONE編集部)

ジャンルで探す