ロシア ウクライナに軍事侵攻

2022年「日本サッカー界大展望」 W杯イヤーの“4大注目ポイント”を先取り解説

W杯イヤー2022年の日本サッカーの展望を先取り【写真:高橋 学】

W杯イヤー2022年の日本サッカーの展望を先取り【写真:高橋 学】

【注目ポイント1】日本代表、山場は3月に行われるアウェーのオーストラリア戦

 今年はワールドカップ(W杯)イヤー。振り返れば2018年のロシアW杯からあっという間な気もするが、22年11月末にカタールW杯が開幕ということで、そこが最大のイベントになることは間違いないが、日本代表を含めて注目するべきテーマを展望する。

【注目ポイント1】
「日本代表、アジア最終予選の“ラスト4”」

 ここを突破しないことには何も始まらないし、踏み外せばすべてを失ってしまう。最終予選は初戦ホームでオマーンに0-1で敗れ、3試合目でサウジアラビアにも敗れて窮地に追い込まれた。しかし、何とかオーストラリアに2-1で勝利すると、11月シリーズでベトナム(1-0)、オマーン(1-0)に連勝して2位に浮上した。

 残すは4試合。1月27日の中国戦、2月1日のサウジアラビア戦と続くホーム2連戦に加え、唯一のアウェーである3月24日のオーストラリア戦を山場として、最後は同29日のホーム・ベトナム戦になる。気を付けたいのは国内組がオフ明け、欧州組も冬休み明けの選手がいるなど、コンディショニングが難しくなる中国戦だ。

 国内組は1月21日のウズベキスタン戦で体と頭を起こす形になるなか、セルティックに今冬移籍した前田大然と旗手怜央に代わり、清水エスパルスのMF松岡大起とMF鈴木唯人が追加招集されている。現在5位の中国代表はリー・ティエ監督の更迭により武漢を率いていたリー・シャオポン氏の新監督就任が決まっているが、プレーオフを含むわずかな望みをつなぐために、なりふり構わない戦術を取ってくる可能性もある。

 日本代表は長距離移動や準備期間の問題もあり、シリーズの1試合目で苦戦する傾向が強い。サウジアラビア戦も楽な試合になるはずはないが、その前に躓いて再び大ピンチに陥らないようにしたい。いずれにしても山場は3月に行われるアウェーのオーストラリア戦になる。

 万が一、3位でプレーオフに回ることになれば、A組の3位と戦い、勝者が南米5位との大陸間プレーオフにW杯のラストチケットを懸けて激突する。それはそれで逆に盛り上がるかもしれないが、W杯に出られないリスクというのは大きすぎるので、今のところは考えずに2位以内での突破に期待したい。

 そこから本大会への時間は限られるが、7月に予定される東アジアE-1選手権のほかに、5月30日から6月14日、9月19日~27日に設けられている“インターナショナルウィンドウ”でどのようなマッチメイクができるのか。そして今までより準備が短いとされる直前キャンプも気になるが、まずは最終予選の突破が先決だ。

【注目ポイント2】Jリーグ入りを懸けた争い、どのクラブが這い上がるのか

【注目ポイント2】
「J3リーグ参入の2枠を懸けた争い」

 2022シーズンに節目の30周年を迎えるJリーグ。新シーズンもJ1、J2、J3と楽しみは尽きないが、Jリーグ入りを懸けた争いにも注目したい。昨年のJFLで優勝したいわきFCの参入が認められ、J3は18チームとなった。

 全国にJリーグ参入を目指すクラブは多いが、村井満チェアマンは「ぬるま湯であってはならない厳しさがJリーグの底上げに寄与する」と強調しており、現時点でJ3の上限は20に定められている。残り2枠が埋まれば、来年以降は入れ替え戦が実施される見通しだ。

 その意味では今年のJFLはJリーグに勝るとも劣らない注目リーグとなる。J3クラブライセンスは理事会の審査で決められるが、JFLで4位以内が条件になる。現時点で有力と見られるのは“カズ”こと三浦知良の加入も噂される鈴鹿ポイントゲッターズだ。さらに昨年までJ2のFC琉球を指揮していた樋口靖洋監督を迎えたヴィアティン三重、昨年途中まで松本山雅FCを率いた柴田峡氏が新監督となるラインメール青森、また大阪3つ目のJリーグ入りを目指すFC大阪、そして奈良県で初のJリーグ入りを目指す奈良クラブにもチャンスはある。

 現時点でJリーグがない県は福井、三重、奈良、和歌山、滋賀、高知、島根となっているが、1県1クラブという制限があるわけではなく、東京都もJFL入りを決めたクリアソン新宿、すでに百年構想クラブに含まれ、昨年末の入れ替え戦で関東1部入りを果たした南葛SCなど、23区内でJリーグ入りを目指すクラブも出てきている。さらにJリーグが成長していけば拡大プランも浮上するかもしれないが、まずはJ1=18クラブ、J2=22クラブ、J3=20クラブ(予定)という枠を巡る競争が激しくなっていく、1つのフックのシーズンになりそうだ。

【注目ポイント3】女子サッカーの命運を握るなでしこジャパンの優勝なるか

【注目ポイント3】
「2年目のWEリーグ、なでしこジャパンの起爆剤は?」

 日本代表にとって年末のカタールW杯が大目標になるが、“なでしこジャパン”こと女子代表は1月20日に開幕するAFC女子アジアカップでの優勝を目指す。そこで5位以内に入れば来年オーストラリアとニュージーランドで共催となる女子W杯の出場権を獲得できるが、11年のW杯優勝を頂点として、なでしこジャパンの成績が下り坂になってきているのは気がかりなところだ。

 池田太監督は高い位置でボールを奪って縦に素早く攻めるスタイルを掲げるが、昨年の欧州遠征を見ても、組織的に機能している時間帯はいいものの、ピッチの幅を使った攻撃や個人の仕掛けで持っていかれてしまう。女子W杯は参加国が32に増えて、欧州からは最大12か国が参加する。東京五輪よりはるかに厳しくなることが予想される大会に向けて、どこまでレベルアップしていけるか。

 そして昨年9月にはWEリーグがスタートし、開幕戦こそ大々的な宣伝などで注目を集めたが、第10節時点で平均1715人と発表されており、目標とする5000人からは大きく下回っている。ただ、正直言って元々の下地を考えればこの数字も想定内とも言える。WEリーグは約3か月間のウィンターブレイクを挟む変則的な秋春制を採用しており、現在は事実上のオフに入っている。

 競技レベルの向上がベースになることは間違いないが、それはひとっ飛びにできることではない。いきなりコロナ禍でスタートする難しさもあったはずだが、ここからどうオンオフのPRやWEリーグならではの魅力を伝えていくか、何より女性や子供のファンサポーターを獲得していく努力が必要になってくる。

 いずれにしても男子以上に、女子サッカーの命運は代表チームが握っているところが大きい。代表強化の意味でも、熊谷紗希(ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)や岩渕真奈(イングランド/アーセナル)、長谷川唯(イングランド/ウェストハム・ユナイテッド)のように、個人として強くなるために、海外に環境を求めるケースはもっと増えてきてほしいが、女子サッカーの両輪として“なでしこジャパン”とWEリーグがどう向上していくか注目したい。

【注目ポイント4】海外で一時代を築いた日本人選手のJリーグ復帰は?

【注目ポイント4】
「海外日本人プレーヤーのイン&アウト」

 現在、海外でプレーする男子の日本人選手は欧州主要リーグだけでも2部を含めて50人を超える。フルメンバーの日本代表も20人前後を欧州組が占め、主に海外組で構成されたチームで戦っている。

 今年も前田、旗手、井手口陽介の3人が揃ってアンジェ・ポステコグルー率いるセルティックに加入。さらに渡辺剛がFC東京からベルギー1部のKVコルトレイクに移籍するなど海外、特に欧州に成長や成功を求めて飛び立つ日本人選手は後を絶たない。

 そうした選手たちの活躍にも期待したいが、冨安健洋(アーセナル)や南野拓実(リバプール)、久保建英(マジョルカ)など、すでに最前線で奮闘する選手たちが、まずは残りのシーズンでどこまでパフォーマンスを高めていけるかが日本代表にも直結してくる。

 その一方で、昨年の酒井宏樹(浦和レッズ)、大迫勇也(ヴィッセル神戸)、長友佑都(FC東京)といった選手たちに続き、Jリーグへの復帰が噂される選手たちもいる。これだけ欧州に日本人選手が増えれば、一時代を築いてきた選手の復帰もあれば、成功のチャンスを掴み切れなかった選手も出てくる。

 ここからどういった選手が日本に戻ってきて、貴重な経験をJリーグの舞台で生かしていくのか。場合によっては武藤嘉紀(神戸)のようにJリーグでのプレーが認められて、日本代表に復帰するケースもあるだけに、そういった選手たちにも注目していきたい。
(河治良幸 / Yoshiyuki Kawaji)

ジャンルで探す