セルティックが前田、旗手、井手口の日本人選手を一挙獲得 ポステコグルー監督も期待「最高の年を迎えられると確信している」

セルティック移籍が発表されたMF井手口陽介、FW前田大然、FW旗手怜央【写真:Getty Images & 高橋 学 & 小林 靖】

セルティック移籍が発表されたMF井手口陽介、FW前田大然、FW旗手怜央【写真:Getty Images & 高橋 学 & 小林 靖】

今夏に古橋を獲得したなか、さらに前田、旗手、井手口の加入が決定

 スコットランド1部セルティックは、12月31日に横浜F・マリノスのFW前田大然、川崎フロンターレのFW旗手怜央ガンバ大阪のMF井手口陽介の日本人選手3人を獲得したことを公式サイトで発表した。

 セルティックは今夏、ヴィッセル神戸から日本代表FW古橋亨梧を獲得し、ここまで公式戦16ゴールを挙げる活躍を見せている。アンジェ・ポステコグルー監督がJクラブを率いていたこともあり、さらなる日本人選手の獲得が噂されていたが、12月31日に今季J1リーグ得点王に輝いた前田、王者川崎の旗手、海外リーグ挑戦歴を持つ井手口の獲得が発表された。

 クラブ公式サイトによれば、3人は1月上旬に登録予定だという。

 ポステコグルー監督は公式サイトを通じ、「私は彼らのことをよく知っている。3人がクラブに加わり、既存の選手と融合することでチームにさらにクオリティー、個性、エネルギーをもたらすと思う。3人ともキャリアのピークにあり、さらなる成功を熱望している。彼らが最高の年を迎えられると確信している」と期待を寄せている。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す