ロシア ウクライナに軍事侵攻

指揮官・片野坂知宏はなぜ、慕われたのか J2降格を責める者は“なし”、苦境での大胆な“モノマネ“に滲み出た人間性

天皇杯で最後の指揮を執った片野坂知宏監督【写真:高橋 学】

天皇杯で最後の指揮を執った片野坂知宏監督【写真:高橋 学】

時には選手以上に喜びを爆発させ、悔し涙も流す“一体感”のあるチーム作りを実行

 今季限りで大分トリニータを離れた片野坂知宏監督は、2016年に就任し、わずか3年でチームをJ3からJ1まで2段階昇格させた。戦力差を組織力と戦術でカバーし、チームとしての約束事を徹底しながら、選手の自主性も重んじる。そのマネジメント力は、選手の心をがっちりと掴んだ。

 ベンチで熱く、ピッチ外では明るい。片野坂監督は先発、ベンチ、ベンチ外という区別なく選手とコミュニケーションを図った。選手と一緒に勝利を喜び、時には選手以上に喜びを爆発させ、悔し涙も流し、一体感のあるチームを作り上げた。

 そんな片野坂監督だが、J1に昇格した2019年からは自ら選手との距離を置いたこともあった。理由は「J1はシビアに割り切って勝つための戦い方、選手選考が求められた。選手のケアより、次の試合の準備を優先した」からだ。

 前の試合で結果を出した選手であっても、次の試合に出られないことも多かった。対戦相手によって大胆なメンバーの入れ替えが幾度と行われ、選手はもちろん、スタッフですら、次のスタメンを予想するのは難しかったが、その度に選手が結果を出したのは事実だ。

 しかし、今季はシビアなマネジメントが功を奏せず、開幕からの不調でチーム内には重苦しいムードが漂った。終盤戦では残留争いの渦中にあり、選手がプレッシャーでストレスを抱えたのは明らかだった。そんなときに片野坂監督は自ら大胆なパフォーマンスでチームの雰囲気を一気に変えた。

 お笑いコンビ・ペナルティのワッキーさんが自身のツイッターで試合中にアグレッシブに動き回る片野坂監督のモノマネ動画を投稿したことを受け、片野坂監督がまさかの“アンサーモノマネ”。ワッキーさんの持ちネタの芝刈り機をコミカルに演じ切った。

「ワッキーさんが僕のモノマネを取り上げてくれたので恩返ししたかった。やるからには吹っ切らないと面白くない」と全力でモノマネに挑戦。前日からワッキーさんの持ちネタをチェックし、入念に動画を見て予習したようだ。

「あれはヤラセでもなく、監督が自主的にやりたいと言ったらしい。かなり練習したと聞いている」と後日、MF野村直輝は明かした。片野坂監督は緊迫した状況を楽しむことを忘れるなと、選手へのメッセージを送ったのだ。

 野村は「厳しい状況でアレをするのは、いろんな意味があると思う。大分に関わる人を元気付けたし、選手は監督の思いに最高のパフォーマンスで返さなければいけない」と思ったそうだ。結局、J2降格を回避できなかったが、良い意味で開き直りなおることができ、選手の前向きな姿勢を引き出すことができた。天皇杯の快進撃も芝刈り機パフォーマンスから始まったとっても過言ではない。

来季J2降格が決定も異例の退任会見、社長、選手からは感謝の言葉

「天皇杯優勝という形で今季を締めくくり、退任する片野坂監督の花道を飾る」。選手の誰もがJ2降格の悲哀を胸の奥に押し込め、チーム一丸となって一つの目標に邁進したが、現実は残酷だった。大分は不敗神話が続いていた国立競技場で1-2と浦和レッズに苦杯をなめ、その願いはあと一歩のところで叶わなかった。

 天皇杯決勝に敗れた翌日、片野坂監督の退任会見が開かれた。「自分の言葉で自分の思いを伝えたかった」との理由だが、就任会見はあっても退任会見はあまり聞いたことがない。まして、J2に降格したのだからと思うが、それを勝る功績があったとクラブが判断したことは確かだ。片野坂監督は無念さをかみ殺し、1つ1つ自分の思いを口にした。

「(J2降格が決まってからの)リーグ戦2試合から天皇杯の準決勝までの2試合で、選手は素晴らしい戦いをしてくれた。目の前の試合に対して、僕がやりたいことを表現してくれた。この4試合は忘れられない。来季につながる試合にしてほしい」

 会見では降格に対する厳しい質問や指揮官を責めることも、吊し上げるような質問もなかった。それは片野坂監督のこれまでの誠実な対応と、常に目の前の試合に勝つために全力で6年間走り続けた姿を見てきたからだ。

 榎徹社長は「6年前に私が新社長としてクラブにきた時に片野坂監督が就任した。勝手に同期と思い、これまで無理難題を監督にはお願いしてきた。片野坂監督から一瞬の判断を大切にする『考えながら走る』ことを教えてもらった。これはサッカーだけでなく、経営の面でも通用する。監督とはJ1に定着するようなチームを作るという大きな目標を共有してきたが達成できなくて残念。しかし、常に最大値を出してくれた」と感謝の思いを述べた。

 監督への感謝の思いは選手も同様だった。片野坂監督の掲げるサッカーを学びたくて大分に移籍したMF町田也真人は「サッカーの部分で学びが多かったのはもちろんだけど、監督の人柄、明るく温かいチームの雰囲気作りは継承したい」と話し、MF下田北斗も「サッカーに対して情熱があり、チームを強くしようという責任感が強い監督だった」と語った。片野坂監督と6年過ごしたMF松本怜は「多大な影響を受けた。6年間お世話になって感謝しかない」と述べている。

 社長、選手の言葉からも片野坂監督の人間性が滲み出る。退任会見の会場の外には片野坂監督の右腕として支えた安田好隆ヘッドコーチの姿もあり、コーチングスタッフからも慕われた監督であったことを窺わせた。

 大分で6年間指揮した片野坂監督の評価は、確実に高まった。来シーズンからはガンバ大阪での新たなチャレンジがスタートする。泣いて、笑って、悔しがって、いつも感情を隠そうとしない指揮官が、新チームでどのような手腕を発揮するのか楽しみは尽きない。(柚野真也 / Shinya Yuno)

ジャンルで探す