「別次元のゴール」 リバプールMFチアゴの“股抜きミドル弾”に驚愕…多角度映像が反響

ポルト戦でゴールを決めたMFチアゴ・アルカンタラ【写真:AP】

ポルト戦でゴールを決めたMFチアゴ・アルカンタラ【写真:AP】

リバプールMFチアゴ、CLポルト戦で“スーパーダイレクトミドル弾”を突き刺す

 イングランド1部のリバプールは、現地時間11月24日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節FCポルト戦に臨み、2-0で勝利した。この試合でリバプールのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが決めた“スーパーミドル”が反響を呼んでいる。

 バルセロナの下部組織出身のチアゴは、2009年5月にトップチームに昇格すると、2012-13シーズンからは当時、ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いていたバイエルン・ミュンヘンへ移籍。その後、2020-21シーズンにユルゲン・クロップ監督の率いるリバプールに加入した。迎えた今シーズンは怪我もありながらリーグ戦6試合1アシストを記録。CLでは前節まで2試合に出場していた。

 スタメンを飾ったポルト戦では後半7分、“スーパーミドル”で試合の均衡を破る。相手陣内の右サイドでリバプールにフリーキックが与えられると、MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが右足で中へ。一度相手がクリアするも、こぼれ球に反応したチアゴが右足を振り抜く。地を這うように放たれたボールは、ポルトDFの股を高速ですり抜け、ゴール右下のネットに突き刺さった。

 この圧巻ミドルでの先制弾に対しファンからは賛辞が殺到。「なんてゴラッソ」「別次元のゴール」「綺麗」と驚きの声が寄せられ、反響を呼んでいる。今季は怪我に悩まされてきたチアゴだが、このスーパーゴールを機に勢いに乗れるだろうか。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す