「凄すぎた!」 三笘薫、衝撃ドリブル激写の“日本代表デビュー姿”に反響「えぐすぎです」

鮮烈な日本代表デビューを飾ったMF三笘薫【写真:ⓒJFA】

鮮烈な日本代表デビューを飾ったMF三笘薫【写真:ⓒJFA】

11月16日のオマーン戦で鮮烈な日本代表デビュー、SNSに2枚の写真をアップ

 鮮烈な日本代表デビューを飾ったMF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)が自身のSNSを更新。鋭いドリブル突破の瞬間を捉えた“日本代表デビュー”ショットを投稿し、反響を呼んでいる。

 現在24歳の三苫は川崎フロンターレの下部組織を経て、筑波大へ進学。2020年から川崎のトップチームに加入し、スピードあふれるドリブルを武器にスタメンに定着すると、J1リーグ、天皇杯優勝に貢献した。今夏からベルギー1部ユニオンSGでプレーするなか、10月16日の第11節スラン戦では衝撃のハットトリックで一躍脚光を浴びている。

 11月の代表戦に招集され、16日のオマーン戦後半からピッチに立ってついにA代表デビュー。積極果敢なドリブルで仕掛ける姿勢を見せ、終盤にはFW伊東純也(ヘンク)の決勝ゴールをアシストし、チームを1-0勝利へと導いた。

 そんな三笘がインスタグラムを更新し、「日本代表デビューすることが出来ました。色々な方々のおかげです。アシストで勝利に貢献できて嬉しく思います。たくさんの応援ありがとうございました!」とメッセージを発信。伊東、キャプテンのDF吉田麻也サンプドリア)との3ショットに加え、脅威を与えたドリブル突破の瞬間を激写した1枚も届けている。

 ファンから「ファーストタッチから震えました」「本当に興奮した」「かっこよかった」「突破力えぐすぎです」「ドリブル凄すぎました!」と絶賛のコメントが続々寄せられた。

 強烈な輝きを放つ日本の新星アタッカーは再び欧州に舞い戻るなか、ベルギーでどのようなプレーを見せてくれるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す