アーセナルGKラムズデール、圧巻好守を英雄守護神も称賛 「ここ数年で最高のセーブ」

アーセナルGKラムズデールの圧巻片手セーブ【写真:Getty Images】

アーセナルGKラムズデールの圧巻片手セーブ【写真:Getty Images】

好守連発のラムズデールをピーター・シュマイケル氏やアラン・シアラー氏が称賛

 アーセナルのイングランド代表GKアーロン・ラムズデールは10月30日のプレミアリーグ第10節レスター・シティ戦でビッグセーブを連発し、2-0の勝利に貢献した。特に前半43分のMFジェームズ・マディソンのFKをワンハンドで防いだプレーは試合の流れを左右するビッグプレーだった。元デンマーク代表GKピーター・シュマイケル氏は息子のGKカスパー・シュマイケルがレスターでプレーしているにもかかわらず、対戦相手のラムズデールに「私が見たここ数年で最高のセーブ」と賛辞を送った。

 リーグ戦6試合無敗と好調を維持するアーセナルは敵地でレスターと激突した。強力な攻撃陣を誇る難敵だが、立ち上がり5分にセットプレーからDFガブリエウ・マガリャンイスのヘッドで先制。さらに、同18分には10番MFエミール・スミス・ロウが追加点を奪った。

 順調な試合運びをしていたアーセナルがピンチを迎えたのは前半43分だった。レスターがゴール正面、ペナルティーアーク付近からの直接FKを獲得した。キッカーは正確なキックが武器のMFジェームズ・マディソン。狙いすました右足のキックは壁の上を超えて枠を捉えたが、これをGKラムズデールが横っ飛びから左手一本でブロックした。弾かれたボールはクロスバーを叩き、こぼれ球をDFジョニー・エヴァンスが詰めるもラムズデールはそれにも反応し、ゴールラインギリギリのところで防いだ。最後はMFトーマス・パーティーが大きくクリアして難を逃れた。

 かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍した名GKのピーター・シュマイケル氏は、自身のツイッターでこのプレーを「私が見たここ数年で最高のセーブ」と大絶賛。レスターには息子のカスパー・シュマイケルがプレーしているが、それを差し置いて対戦相手の守護神へ賛辞を送った。元イングランド代表FWアラン・シアラー氏も、「アーロン・ラムズデール、なんてセーブだ」とツイートした。

 英データサイト「Whoscored.com」によれば、ラムズデールはこの試合で8本のシュートセーブを記録。第4節ノリッジ・シティ戦か(1-0)らレギュラーの座を確保した23歳が獅子奮迅の活躍でチームを勝利に導いた。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す