「イブラじゃないか」 大迫勇也、アクロバティックな先制弾に反響「カンフーキック」

大迫勇也が先制ゴールを決めて前半を折り返した【写真:Getty Images】

大迫勇也が先制ゴールを決めて前半を折り返した【写真:Getty Images】

前半40分、伊東のクロスをダイレクトで押し込んで先制

 日本代表は現地時間7日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で中立地カタール・ドーハでアウェー扱いの中国戦に臨み、前半40分にFW大迫勇也がこの最終予選での日本の初ゴールを決め、1-0で前半を終えた。アクロバティックな一撃に、「イブラじゃないか」「カンフーキック」といった声が上がっている。

 日本ンは初戦のオマーン戦後に離脱したDF酒井宏樹が務めてきた右サイドバックにはDF室屋成を起用。イングランド・プレミアリーグのアーセナルへの移籍手続きの関係で欠場したDF冨安健洋が合流してスタメン起用された。2列目は右からMF伊東純也、MF久保建英、MF古橋亨梧が並び、FW大迫勇也の背後に構えた。

 中国は5バックで構え、前線は広州や上海でプレーしてACLでも活躍したブラジルからの帰化選手FWエウケソンとスペイン1部エスパニョールのFWウー・レイがコンビを組んだ。

 全体に日本が押し込む構図で試合は立ち上がったが、中国の人数をかけたブロックに苦戦。徐々にペナルティーエリア内に侵入できるようになってきた前半23分、久保が大迫とのワンツーで切り込んで右足シュートを放つもゴールポストを直撃し、惜しくも先制とはならなかった。

 その後も日本が圧倒的にボール保持率を高める試合になり、同38分には久保のミドルシュートのこぼれ球に伊東、大迫と詰めていく決定機も迎えたが決められず嫌なムードも漂った。しかし、同40分に右サイドで伊東がドリブルで縦に仕掛けてクロスを入れると、大迫がニアでコースを変えてゴール。待望の先制点を奪い、1-0でハーフタイムを迎えた。

 スポーツ・チャンネル「DAZN」公式ツイッターは、「遂に来たぁぁぁ。大迫勇也の半端ない先制ゴール」と動画付きで速報。ファンからは「イブラじゃないか」「さすがです」「カンフーキック」「ビューティフルゴール」といった声が上がっている。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す