「真の魔法」「至高のクオリティー」 メッシ、練習中の芸術的FK弾に称賛の嵐

アルゼンチン代表FWメッシ【写真:Getty Images】

アルゼンチン代表FWメッシ【写真:Getty Images】

前代未聞の中止となったブラジル戦、試合前のFK映像に海外メディア注目

 アルゼンチン代表は現地時間5日、カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第6節でブラジル代表と対戦。ブラジルのサンパウロで開催された大一番は、キックオフ直後に中断し、そのまま延期となる異例の展開となった。前代未聞の事態となったなか、海外メディアはエースのFWリオネル・メッシパリ・サンジェルマン)が試合前のウォーミングアップで見せた正確無比なキックに注目。ファンからも「真の魔法」「神」などの声が上がっている。

 開幕7連勝で首位を走るブラジルと、4勝3分で2位のアルゼンチンが激突する注目の大一番。7月のコパ・アメリカ決勝の“再戦”に向けて、アルゼンチンはキャプテンのメッシをはじめFWアンヘル・ディ・マリア(PSG)、ブラジルはFWネイマールやMFカゼミーロ(レアル・マドリード)ら主力が順当に先発出場した。しかし、試合は前半6分頃にブラジル保健当局の関係者が突然ピッチに入って中断。アルゼンチンの選手たちがロッカールームに引き上げ、しばらくして正式に延期が決定した。

 スペイン紙「マルカ」などが報じたところによれば、プレミアリーグでプレーするアルゼンチンのMFジオバニ・ロ・チェルソ、DFクリスティアン・ロメロ(ともにトッテナム)、GKエミリアーノ・マルティネス、MFエミリアーノ・ブエンディア(ともにアストン・ビラ)のプレーを取りやめるように保健当局が介入。ブラジル入りする際、新型コロナウイルスの検疫のために必要な書類を改ざんした疑惑があり、国外退去させる必要性があるという。

 そんな大騒動のなか、アメリカのスペイン語チャンネル「fuboTV」公式ツイッターは、1本の動画を公開。試合前のFK練習の様子を捉えたもので、メッシがペナルティーアーク付近から左足を振り抜くと、シュートは美しい弧を描きながらまるでGKから逃げるかのようにゴール右上隅を射抜いた。

 守備側に壁がなく、リラックスした雰囲気のなかで打ったシュートとはいえ、コメント欄にはファンから「真の魔法」「メッシは神」「狂気」「宇宙人、完璧」といった称賛の声が殺到。また英メディア「planet football」も「センセーショナルなフリーキック」と伝えたうえで、「完璧なフリーキックで彼の至高のクオリティーを思い出させた」と称えている。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す