王国ブラジル出身が3人 森保ジャパンが要警戒すべき「中国帰化選手ファイル」

(左から)エウケソン、アロイージオ、アラン、ティアス・ブラウニング【写真:Getty Images】

(左から)エウケソン、アロイージオ、アラン、ティアス・ブラウニング【写真:Getty Images】

英国出身のティアス・ブラウニングは今回の帰化選手の中で唯一のDF

 日本のサッカーファンの皆さま、こんにちは。中国サッカーメディアにて活動をしている久保田嶺です。9月7日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選・中国戦が、いよいよ迫ってきました。

 連載3回目となる今回は、森保一監督が警戒し、皆さまも注目されている中国代表の帰化選手について紹介したいと思います。中国代表の最終予選メンバー31人の中に、帰化選手は4人。FWエウケソン、FWアラン、FWアロイージオ、DFティアス・ブラウニング(いずれも広州FC)です。

過去にはザルツブルクにも所属していたアラン【写真:Getty Images】

過去にはザルツブルクにも所属していたアラン【写真:Getty Images】

■アラン(FW/32歳/広州FC/ブラジル出身)

 ブラジル・ロドリーナFCでプロになり、その後2010年、オーストリア1部レッドブル・ザルツブルクに加入し、現リバプールのサディオ・マネ選手らと前線を組んで、UEFAヨーロッパリーグ10連勝、5年間で通算92得点と大活躍しました。

 そして、日本代表の南野拓実選手がザルツブルクに加入する1年前の2014年に中国1部広州恒大(現・広州FC)へ。ここから中国リーグで活躍を続け、その後に移籍した北京国安では、2020年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)FC東京戦で決勝ゴールを決め、同クラブ初の大会ベスト8進出を阻止した選手として、FC東京のファンに記憶されています。

 スピードのある飛び出し、左サイドからディフェンスを抜き切らずに右足でシュートを打つプレースタイルは、往年の元フランス代表FWティエリ・アンリ氏を彷彿とさせます。

エバートンでプロデビューしたティアス・ブラウニング【写真:Getty Images】

エバートンでプロデビューしたティアス・ブラウニング【写真:Getty Images】

■ティアス・ブラウニング(DF/27歳/広州FC/イングランド出身)

 プレミアリーグのエバートンでプロデビューし、ウィガン、サンダーランドなどでプレー。サンダーランドではレギュラーとして活躍し、その後2019年に中国1部広州恒大へ加入しました。彼の中国デビュー戦はACLのサンフレッチェ広島戦となっており、当時2-0で広州恒大が勝利を収め、幸先の良いスタート切りました。

 身長187センチの上背とスピードを持ち合わせ、中国史上最高のセンターバックという声も上がるほど期待されています。そして今回招集されている帰化選手のうち、唯一のDFです。

 ちなみに、今やスコットランドの名門セルティックの“王”となった古橋亨梧選手は、ヴィッセル神戸時代の2020年11月にACLで彼と対戦し、見事アンドレス・イニエスタ選手のアシストから得点を決めています。今回も絶好調の古橋選手に期待したいと思います。

屈強なフィジカルを持つアロイージオ【写真:Getty Images】

屈強なフィジカルを持つアロイージオ【写真:Getty Images】

エウケソンは中国代表のエースFWウー・レイと好連携を構築

■アロイージオ(FW/33歳/広州FC/ブラジル出身)

 2014年にブラジルの名門サンパウロから山東魯能(現・山東泰山)へ加入。愛称の「野牛」が表すとおり、身長173センチ・体重80キロの屈強なフィジカルを生かした突破力、気迫が持ち味の選手です。そのプレーはイタリア往年の名プレーヤー、ジェンナーロ・ガットゥーゾがFWをやっているという表現がぴったりかと思います。

 2016年に加入した河北華夏幸福では、リー・ティエ現中国代表監督の元でもプレーしており、信頼関係が築かれています。

 そして彼は帰化選手の中で唯一、中国2部リーグでもプレーしていた経験があり、そのサッカーに対する姿勢や闘争心から、中国サッカーファンに非常にリスペクトされている存在です。

日本で馴染みのある人も多いエウケソン【写真:Getty Images】

日本で馴染みのある人も多いエウケソン【写真:Getty Images】

■エウケソン(FW/32歳/広州FC/ブラジル出身)

 日本でも馴染みのある方が多いのではないでしょうか。ACLで対決することも多く、特に上海上港(現・上海ポートFC)時代のフッキ選手(現アトレチコ・ミネイロ)との強力な前線は私の記憶に残っています。

 彼はブラジルのヴィトーリアでプロになった後、ヨーロッパを経由せず、2013年に中国1部広州恒大に加入。その後活躍を続け、2019年に、中国にまったくルーツを持たない選手として初めて帰化選手となりました。ちなみにアラン選手、アロイージオ選手もルーツを持たない選手となり、ティアス・ブラウニング選手は祖父が中国人で中国にルーツを持つ帰化選手となっています。

 中国代表のエースFWウー・レイ選手とは、上海上港時代に共闘したため関係性が良く、日本代表はこの2人の連係に最も警戒しなければなりません。

   ◇   ◇   ◇

 中国国内でも意見が分かれる帰化選手の取り組みですが、私個人としては支持しています。日本サッカーもこれまで素晴らしい帰化選手とともに歴史を作ってきました。何より、国籍を変えるという簡単でない決断をしてまでも、その国のサッカーに貢献したいという姿勢、その国の代表選手になりたいと思う気持ちに対し、尊敬の念を抱きます。

 彼らの活躍を期待しつつ、一人の日本サッカーファンとして日本代表が見事に抑えてくれることを願っています。

[著者プロフィール]
久保田嶺(くぼた・れい)/1991年生まれ、埼玉県出身。中国最大のサッカーメディア「懂球帝」にて、日本人初の公認アカウントとして活動をしている。(久保田嶺 / Rei Kubota)

ジャンルで探す