「嬉しそう」 吉田麻也、サンプドリア合流後の“笑顔写真”に言及「ピンボケしてる」

サンプドリアの日本代表DF吉田麻也【写真:Getty Images】

サンプドリアの日本代表DF吉田麻也【写真:Getty Images】

「誰が戻ってきたか見て」とサンプドリア公式ツイッターが投稿した写真に吉田も反応

 イタリア1部セリエAのサンプドリアは、現地時間23日にACミランとのホームゲームでシーズン開幕を迎える。東京五輪に出場したU-24日本代表にオーバーエイジ枠で名を連ね、キャプテンを務めたDF吉田麻也もチームに合流。自身にとっての練習初日の写真に、「嬉しそう」と自ら反応している。

 吉田はサンプドリア所属2年目となった昨季、シーズンを通して最終ラインのレギュラーを務め、リーグ戦32試合に出場してセリエA初ゴールも記録。チームの9位フィニッシュに大きく貢献した。そしてA代表活動を経て、今夏オーバーエイジとして自身3度目となる東京五輪に出場。キャプテンとしてチームをまとめると、53年ぶりのメダル獲得を逃す悔しさを味わったものの、2012年ロンドン五輪に続くベスト4進出を果たした。

 束の間の休暇を経てイタリアへ戻った吉田だが、サンプドリア公式ツイッター英語版が「誰が戻ってきたか見て」と一枚の写真を投稿。短パンを捲し上げて、両手を広げて笑顔を浮かべる吉田の姿が収められている。

 吉田はインスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)で、「First day @sampdoria」と自身にとっての新シーズン初日だったことを振り返りつつ、「嬉しそう。(ピンボケしてる)」とコメントしている。

 今年1月、22年6月末までサンプドリアと契約延長している吉田。セリエA3年目のプレーにも期待が懸かる。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す