エリクセンの心停止がサッカー界に問うもの 加速する「拝金主義」と選手の肉体的限界

デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン【写真:AP】

デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン【写真:AP】

【英国発ニュースの“深層”】全世界が凍りついたEURO初戦で起きたエリクセンの心停止

 1990年代後半から数年間、某有名男性ファッション誌の編集長を務めた筆者の兄貴的存在であるH氏は、筋金入りのサッカーファンである。なんと1979年に日本で行われたワールドユース選手権(現U-20ワールドカップ)を観戦し、生のディエゴ・マラドーナを目撃している。しかしこれだけの大会でも「当日券が買えた」と話しており、野球全盛だった日本で日陰の存在だった当時のサッカー人気も窺える。

 それはともかく、H氏が今も熱烈なサッカーファンであることは変わらず。毎回、欧州選手権(EURO)やワールドカップ(W杯)といったメジャー大会が始まると、短い、まるで俳句のような独特の文面で、試合の感想を伝えてきて面白いのだ。

 前評判以上に気合いが入っていたイタリアや、“化け物”ロメル・ルカクが覚醒したベルギーには素直にやんやの喝采を送り、少々ぞんざいな印象のイングランドにはかなりの毒舌で注文を出した。そして圧倒的に試合を支配しながら0-0でスウェーデンと引き分けたスペインの、メジャートーナメントで必ず出現する典型的な不運には“あるある”の達観コメントが届いた。

 しかし、現時点までのEUROで最大の話題を独占したのは、H氏をはじめ、多くの日本人サッカーファンが最大8時間の時差に耐えながら熱視線を送る激戦の数々ではなく、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの心停止ではないだろうか。

 6月12日に行われたデンマーク対フィンランド戦。前半42分を8秒経過した瞬間、まさに世界が凍りつき、震撼した。

 それまではいつものように、デンマーク随一のテクニシャンぶりを発揮し、華麗なボールさばきを随所で見せていたエリクセンが、突如として、まるで電池の切れたロボットのように、全身の力が一瞬にして抜け落ち、白目をむいてピッチに倒れ込んだ。

 医療チームがダッシュでグラウンドを横切った。そして迅速に治療が始まった。ところが同時に、テレビ画面を通じても、デンマーク代表MFの容態が尋常ではないことが伝わってきた。

 最悪の事態だということは、治療を受けるエリクセンを取り囲んだ選手たちの激しい動揺にはっきりと見て取れた。親友とされるDFシモン・ケアー、チェルシーでは太々しいプレーが売り物のDFアンドレアス・クリステンセン、さらにタフガイのイメージがあるMFトーマス・デラネイ、FWヨナス・ヴィンドまでが“抑えきれない”とばかりに、ボロボロと涙をこぼし始めた。その泣きじゃくる選手の壁の中では、AED(自動体外式除細動器)が使用され、電気ショックが与えられていた。力なく横たわっていたエリクセンの体がビクッとジャンプしたところもはっきりと見えた。

宮市のチームメートだったボルトンMFファブリス・ムアンバ【写真:Getty Images】

宮市のチームメートだったボルトンMFファブリス・ムアンバ【写真:Getty Images】

フォエの悲劇から9年後、筆者はムアンバの奇跡的な蘇生を現地で観た

 こうして、デンマークの首都コペンハーゲンで行われた母国代表のEURO初戦のお祭り騒ぎが、突如として戦場の最前線のような凄惨な雰囲気に包まれてしまったのだ。

 その後の詳細はすでに様々なメディアで日本にも伝わっていると思うので、ここでは割愛する。幸いなことにエリクセンは一命を取り止め、倒れて3日後となる15日付のメディアには病院のベッドでサムアップするデンマーク代表MFの写真が一斉に世界中に流れた。

 しかし今、筆者の頭の中には大きな疑問が渦巻いている。それはあの戦慄の瞬間から数日が過ぎた現在に至っても、エリクセンには心停止に至った心臓の欠陥が見つかっていないということに起因する。デンマーク代表エースが、ピッチに沈み込むように倒れた明確な原因が不明のままなのだ。

 サッカー選手が試合中に心停止して倒れた最初の記憶は、2003年6月26日に行われたコンフェデレーションズカップ準決勝のカメルーン代表MFマルク=ビビアン・フォエだ。当時、マンチェスター・シティ所属選手だったこともあって鮮明に覚えているが、無念なことにフォエは救護班の必死の蘇生処置も空しく死亡した。

 そしてその9年後、筆者は実際に選手が心停止した試合に立ち会うことになった。2012年3月17日、当時売り出し中だった快足FW宮市亮の取材で訪れたトッテナム対ボルトンのFAカップ準々決勝だった。小雨が降るなかで行われた世界最古のカップ戦の前半41分、宮市のチームメートだったボルトンMFファブリス・ムアンバがばったりとピッチに倒れ込んだ。

 ピッチ上で唐突に始まった心臓マッサージ。異変に気づいた観客がボルトン、トッテナムの敵味方に関係なく巻き起こしたムアンバ・コール。そしてその理由も入場料の払い戻しの説明もなく、突然の試合中止となったが、速やかに、静かにスタジアムを立ち去った約4万人の観客。そうしたことを鮮やかに覚えている。ムアンバは78分間も心臓停止、つまり一旦死亡しながらも、奇跡的に蘇生した。

 この時、ムアンバの件に立ち会ったことで、スポーツ選手に起こる心停止について多少詳しくなった。無論、先天的な欠陥や合併症というケースもあるが、いわゆる心臓麻痺、心筋梗塞とは違う。こうした心停止は“心臓が危険な鼓動を打つこと”で、若く健康な人間にも起こり得るものだという。つまり心臓の限界を超えるような負担を、身体にかけて起こる不整脈が原因になるということだ。

治療を受けるエリクセン【写真:AP】

治療を受けるエリクセン【写真:AP】

進化した救命措置、エリクセンは倒れてから1分以内にAEDを使用

 普通の人間なら、自分の心臓の限界を超えるほど動けるものではない。しかし、厳しいトレーニングを積み上げ、90分間をプロの舞台で走り続けることができるサッカー選手は、その自らの心臓の限界を超えてさらにもう一歩を踏み出すほど、肉体を酷使してしまえるのだ。

 ただし、こうした心停止は適切な処置、特にAEDを使って速やかに電気ショックを与えた場合、一命を救う可能性は非常に高くなる。

 ムアンバが倒れたトッテナムの旧本拠地ホワイト・ハート・レーンには、フォエが倒れたフランス・リヨンの現場でも取材していた原田公樹記者がいた。約20年間、プレミアリーグの取材をともにした盟友だが、彼がカメルーン代表MFの悲劇を目撃した9年前に比べ、ロンドンの処置は「はるかに進歩していた」と話してくれたことが強く印象に残っている。

 それもフォエが28歳の若さで犠牲になったことが要因であることは間違いない。ムアンバの心停止は、前例があったことで最悪の事態を回避することができたのだ。

 話をエリクセンに戻そう。ムアンバの一件から、世界はさらにこうした不慮の事態に対する備えが進んだ。ムアンバの奇跡からさらに9年が経過した2021年6月12日、デンマーク代表MFが倒れて1分も経たずに、AEDが使用された。

 スタンドからピッチに泣きながら駆け降りてきたエリクセンの妻サブリナさんは、夫に駆け寄る前にデンマーク代表主将のGKカスパー・シュマイケルに抱き止められた。そこにチームメートのケアーが走り寄り、サブリナさんに何かを話しかけた。AEDを使用して、エリクセンが“息を吹き返した”と伝えたという。

 つまり、準備は万端だったわけだ。

 しかし同時に、サッカーの試合でなぜここまでしなくてはならないのだという疑問も生じた。

 もちろん、不慮の事態に備えることは不可欠であり、その備えは常に進歩すべきだろう。しかしエリクセンの心臓に全く欠陥がなかったというニュースで、筆者の胸に一抹の不安がよぎった。健康な心臓の持ち主だったデンマーク代表MFに起こったことなら、この後、誰にでも起こり得るということでもある。

リバプールのクロップ監督が訴えていた過密日程

 そもそも、サッカーの試合で選手が命を落とすことなど許されない。そんな場面は、誰だって見たくないに決まっている。しかしその一方で、選手にはもっと素晴らしいパフォーマンスをしてほしい、もっとすごい試合が観たいという一般の要求はとてつもなく大きい。

 リバプールサポーターである地元の友人グラハムは、つい最近、冗談まじりにこうぼやいた。

「もっとピッチをでかくするか、さもなければ60年代のように選手は1日40本タバコを吸うべきだ。ともかく今の選手はアスリートとしても完璧で、スペースがどこにもない。あれじゃ、これからもゴールが減るばかりだ」

 しかし、あの広大なサッカーピッチをフィールドプレーヤーわずか20人で、常にスペースがないように見せる選手の運動量は尋常ではない。

 今季、怪我人が続出したこともあったが、リバプールのユルゲン・クロップ監督はシーズン中にたびたび、土曜日の12時キックオフの試合開始に抗議の声を上げた。新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れながらも、閉幕は通常通りの5月。さらに、無観客でテレビ中継の需要が増して、ミッドウィークにUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を戦う人気クラブが土曜日の正午にプレミアリーグを戦うケースが増えたのである。

 ところがタフネスを売り物にするイングランドサッカーは、ドイツ人闘将の主張を“泣き言”と見なした。今季限りで解任されたが、シェフィールド・ユナイテッドのクリス・ワイルダー監督は、このクロップ監督の抗議も「ビッグクラブが自分たちの日程を優位にしたいがための主張だ」と語り、一蹴した。

 しかし、この抗議も、激しいプレミアのなかでもさらに激しいカウンタープレス戦法を駆使するクロップ監督ならではの不安から生じたものではないだろうか。

 クロップ監督が選手に高いフィジカル――つまり走っても走ってもへばらない体力を求めるのは有名だが、同時にそんなゲルマン魂の典型とも言うべき精神でドイツ人闘将が鍛え上げた選手でも、然るべき休養が与えられなければパンクしてしまうのは明白だ。

EUROもW杯もCLも出場チームが増加、現代サッカーは限界に近付いている?

 そしてこれは、今年で21回目となるシーズンを通したプレミア取材で筆者が実感したことだが、この20年間で欧州のサッカーは本当に飛躍した。技術や戦術の進歩とともに、友人のグラハムが嘆いたように、サッカー選手のアスリートとしての進化ぶりは心底凄まじいと感心する。

 無論、喫煙して大酒を飲んで、徹夜で遊んで、それでも才能ある選手は試合に出る、という時代ではない。どの選手も、特に一流選手は最高のコンディションを維持するのに四苦八苦している。

 しかしこのようなサッカーの進化と同時に、いつ、どこで、誰が次に試合中に心停止するか分からないところまで、選手は体力の極限まで求められてプレーをする状況になっている。欧州スーパーリーグの問題にも共通するものだが、経済的にも選手の肉体的負担においても、現在のサッカーは限界に近づいているのではないだろうか。

 最高の試合をするためには、回復するために十分な休養を挟んだ日程が不可欠だ。しかしEUROもW杯も出場国を増やし、さらにはCLも2024-25シーズンから出場枠を現行の32から36へ拡大する意向だ。もちろん、その根底にはまさにバブル的に膨張させ続け、非常識とも言えるほど肥大したサッカー経済の問題がある。

 そうした状況もあって、ついにサッカーは選手に文字通り“命を賭けろ”という危険な競技になりつつあるのではないだろうか。

 今回のエリクセンの一件が、ピッチ上の救命作業の進歩という枝葉の部分ではなく、極限が求められる現代サッカーにおいて、選手の体と命を守る“根本的な日程の見直し”につながってほしいと願って、今後のEUROを見守っていきたいと思う今日この頃である。 (森 昌利 / Masatoshi Mori)

ジャンルで探す