政府の緊急事態宣言 今後の方針は

ドイツ代表、EURO“死の組”突破へ議論白熱 レーブ監督、MF陣の起用法を巡り反論

MFトニ・クロースとMFヨシュア・キミッヒ【写真:Getty Images】

MFトニ・クロースとMFヨシュア・キミッヒ【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】開幕に向けて賑わうドイツ代表を巡り議論、フォクツはキミッヒのサイド起用を疑問視

 ワールドカップ(W杯)や欧州選手権(EURO)といったビッグトーナメント前になると、メディアは俄然元気になるものだ。それはおそらく、どの国でも共通の現象だろう。

 ドイツも、なんだかんだで賑わっている。ここにきての注目は、中盤センターの組み合わせ。これまでファーストチョイスだと思われていたのはMFヨシュア・キミッヒとMFレオン・ゴレツカの“バイエルンコンビ”だが、ゴレツカがリーグ戦で負傷した太ももの肉離れからまだ復調しきっておらず、キミッヒは問題点だった右ウイングバックへの再コンバートが濃厚とされている。

 EURO前最後のテストマッチとなったラトビア戦ではMFイルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)とMFトニ・クロース(レアル・マドリード)の2人がコンビを組んだ。格下相手に7-1で勝利したドイツだが、この起用法に異を唱えたのが元ドイツ代表監督ベルティ・フォクツだ。

「キミッヒはセンターで起用しなければならない。サイドでは100%の居心地の良さを感じていない。強力なオフェンス陣を揃えたフランス相手に、イルカイ・ギュンドアンとトニ・クロースでは上手くいかない。オフェンシブ過ぎる。キミッヒをボランチで起用しなかったら、我々はフランスにセンターからボロボロにされてしまうだろう」と警告していた。

 言わんとするところは分かる。確かに、どちらも守備で力を発揮する選手ではないかもしれない。それこそフランス代表のMFエンゴロ・カンテのように、単独でボールを奪取することが期待されている選手ではない。

 だが、これに対してヨアヒム・レーブ監督が鋭く反論した。

「選手に対して異なる見解があるというのは新しいことではない。片やその選手の優れたところを口にし、片やその選手の弱さを指摘する。トニ・クロースも今、そうした議論の渦中にいるようだ」

「だが14年W杯の時はどうだっただろう? フィリップ・ラーム、バスティアン・シュバインシュタイガー、ミロスラフ・クローゼも、あの時いろんなことを言われていた。超えてはいけない一線を超えた記事や発言もあった。だが彼らはブラジルで優勝を果たした時に、その能力をいかんなく発揮してくれたではないか」

レーブ監督はクロースに全幅の信頼「類稀なプレーを見せてくれる」

 クロースとポジションを同じくするシュバインシュタイガーも、当時はプレーが淡白とか、ミスが目につくとことあるごとに批判を受けていた。だが、大会を戦うなかで試合を重ねるごとに成長し、決勝戦では顔に裂傷を負いながらも一度も怯むことなく体を張り、見事なまでにボールを奪取し続けていた。シュバインシュタイガーも元はオフェンシブな選手だ。それこそウイングが本職だった選手だ。だが優れた選手は変わっていく。自分のプレーを順応させ、深化させ、そして成熟していくのだ。

 クロースは、ロシアW杯後にドイツ代表が抜本的に世代交代を進めようとした時でも、レーブが代表の主軸として全幅の信頼を置いてきた選手だ。

「トニはまさに手本となるプロフェッショナルな選手だ。彼以上にこの仕事のために準備をできる選手はいない。そして彼の持つゲームを読む能力、そして卓越したテクニック。欠かすことのできない選手だ。難しい試合で、コントロールが必要となる試合でこそ、類稀なプレーを見せてくれるのがトニなのだ」

 レーブは初戦のフランスについて、次のように話している。

「フランス代表は世界で最も柔軟性のあるチームだ。どのようにプレーをしてくるかは分かっているが、それでもどんなプレーをするかは予測することが難しい。ものすごくフレキシビリティーがある。個々の選手が秘めている能力はすごく高い」

 間違いない。フランスは世界に名だたる名プレーヤーが、各ポジションに名を連ねる。ポルトガルもそうだ。どちらも、それこそ優勝しても不思議ではない国々だ。どのように守るかという明確なコンセプトが浸透しなければならないのは、試合を上手く運ぶための必須条件だろう。でも、それは守備的な選手だけをピッチに送るということが解決策になるということではない。

「試合のいかなる状況でも、最高レベルの集中力でプレーしなければならない」

 レーブはそう言葉に力を込めていた。集中力を持って取り組むためには、やるべきことが明確になっていなければならない。

 誰が、どこで、どのように、どんなタスクを担うのか。

 キミッヒがボランチでプレーすべきか否かの前に、守備ライン前の危険なスペースで1人の選手がなんとかしなければならない状況を、チームとしてどのようにケアするのかが整理されなければ、いずれにしても、この厳しいグループを勝ち抜くことなどできない。

 ドイツはどのように方程式を組み立ててくるのだろう。(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)

ジャンルで探す