4都府県の宣言延長へ 愛知・福岡も追加方針

長谷川アーリアジャスール、旧知の同世代から見た乾貴士&香川真司の“素顔”は?

長谷川アーリアジャスールがMF乾貴士とMF香川真司の素顔を語る【写真:©FCMZ & Getty Images】

長谷川アーリアジャスールがMF乾貴士とMF香川真司の素顔を語る【写真:©FCMZ & Getty Images】

【インタビューVol.3】同期の乾は「あれだけ努力していたらトップレベルに行ける」

 J2のFC町田ゼルビアに所属するMF長谷川アーリアジャスールは、Jリーグで通算277試合(J1計251試合、J2計26試合)に出場し、2012年に日本代表選出、15-16シーズンにスペイン2部サラゴサでプレーした経験も持つ。数々の名選手と共闘してきたなかで、MF乾貴士(エイバル)とMF香川真司(PAOK)とは特に縁がある。長谷川に日本代表の「10番」を背負った2人の男の“素顔”について訊いた。

 横浜F・マリノスのユースから2007年にトップチームに昇格した長谷川は、“セクシーフットボール”で一世を風靡した野洲高からプロ入りした乾とチームメートになる。共闘期間はおよそ1年半だったが、のちに2015-16シーズンに同じスペイン(乾は1部エイバル、長谷川は2部サラゴサ)でプレーするなど、1988年生まれの同期以上の絆を築いてきた。

 乾と言えば、かつて日本人選手がなかなか結果を残せず、“鬼門”とまで言われたスペイン1部のリーガ・エスパニョーラで6シーズン目を戦っており、通算163試合出場はアジア国籍で歴代1位。通算16得点も日本人選手最多と、世界最高峰の舞台でスーパースターたちと渡り合っている。若き日の乾を知る長谷川からすれば、今の活躍も頷ける裏付けがあるという。

「乾は(横浜FMの)入団会見の時に、『(将来は)スペインに行きます』と言っていましたからね。ドリブルのタイミング、トラップ、相手の裏を突く発想力は当時から群を抜いていました。全体練習が終わっても、1人で残ってずっとボールを蹴っていたので、自分で考えながら、あれだけ努力していたら、トップレベルに行けるんだなと。しかも、移籍を実現させるだけでなく、試合に出て活躍して、(32歳になった)今でもプレーしているのが凄い。自分もスペインに行って苦しい思いをしたので、スペイン1部で戦って結果を出すのがどれだけ大変か、よく分かります」

日本代表で共に活躍をしたMF乾貴士とMF香川真司【写真:Getty Images】

日本代表で共に活躍をしたMF乾貴士とMF香川真司【写真:Getty Images】

スペインのサラゴサに所属した共通点を持つ香川は年代別代表で同部屋の仲

 長谷川にとっては、香川も盟友の1人だ。クラブシーンでの共闘こそないが、年代別代表で打ち解けてから、気心の知れた仲となった。

「僕らの代で、一つ上のU-20(日本代表)に入っていたのが、真司、僕、伊藤翔横浜FC)とかでした。当時、僕はまだマリノスのユースでしたけど、真司はもうセレッソのトップチーム。代表活動ではずっと同じ部屋で、すごく仲が良くなりました」

 長谷川と香川は、スペイン2部のサラゴサに所属した共通の経歴を持つ。香川が2019年8月に長年過ごしたドルトムントを離れ、念願だったスペイン挑戦を果たす際には、連絡があったと明かす。

「『もしかしたらサラゴサに行くかもしれない』と連絡もらって、僕がいた時のチームの状況や、サラゴサの街の良さについて伝えました。サラゴサはマドリードとバルセロナのちょうど真ん中くらいにあって、スペインの7大都市の一つに入っています。日本人の方はそんなに多く住んでいないですけど、打ち解ければ助けてくれるし、ご飯もおいしくて、天気もいい。真司もスペインに行きたいとずっと言っていたので、絶対に活躍できると思うよって」

 今年1月にギリシャ1部のPAOK移籍時にも報告を受けたという長谷川。彼の前には、決して着飾らない“素の香川真司”がいるという。

「少し前にも電話しました。真司が日本に帰ってきたら、毎回会っていますね。日本代表の10番だし、『香川真司』というメディアの像みたいなものはあると思いますけど、すごく気さくでいいヤツです(笑)」

 盟友たちが異国の地で奮闘する姿は、長谷川にとっても大きな刺激となっている。

※取材はビデオ会議アプリ「Zoom」を使用して実施。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda)

ジャンルで探す