4都府県の宣言延長へ 愛知・福岡も追加方針

元Jリーガー小椋祥平、銀座でサロン経営 コロナ禍の挑戦に“マムシ”の真髄を見た

現在は銀座でサロン経営を行っている元Jリーガーの小椋祥平【写真:藤井雅彦】

現在は銀座でサロン経営を行っている元Jリーガーの小椋祥平【写真:藤井雅彦】

【元プロサッカー選手の転身録】小椋祥平(元水戸、横浜FMほか)後編:2019年の引退後に自ら踏み出したセカンドキャリア

 世界屈指の人気スポーツであるサッカーでプロまでたどり着く人間はほんのひと握り。その弱肉強食の世界で誰もが羨む成功を手にする者もいれば、早々とスパイクを脱ぐ者もいる。サッカーに人生をかけ、懸命に戦い続けた彼らは引退後に何を思うのか。「Football ZONE web」では元プロサッカー選手たちに焦点を当て、その第2の人生を追った。
 
 今回の「転身録」はかつて横浜F・マリノスや水戸ホーリーホックなどに所属した小椋祥平(35歳)。2004年にJ2リーグの水戸に加入すると、ボランチとして相手キーマンを密着マークする姿から“マムシ”の愛称で親しまれた。その活躍が認められ、08年に横浜FMへステップアップ。負傷に苦しみながらも19年にヴァンフォーレ甲府でスパイクを脱ぐまで、全力でプロキャリアを駆け抜けた。そんな“雑草魂”を持つ男は今、サッカー界を離れてビジネスの世界へ飛び込んでいる。後編では引退後、天然氷の職人に出会い、銀座3丁目にトータルリカバリーサロン「Re:room」をオープンして奮闘する姿を追う。(取材・文=藤井雅彦)

   ◇   ◇   ◇

 昨年1月に現役を退いた小椋祥平は、ヴァンフォーレ甲府在籍時代と同じように山梨県甲府市を拠点としている。引退前からセカンドキャリアの方向性が明確に決まっていたわけではない。勝っても負けても次から次へと迫りくる試合へのプレッシャーや緊張感から解放された状況で、「自分は何がしたいのか、何ができるのか」を素直に感じたかった。

 引退を表明した直後、知人を介して天然氷の存在を知る。現在は日本全国に6箇所しかない蔵元が山梨県北杜市にあるという。サッカーに明け暮れる毎日に終わりを告げ、時間は有り余っていた。そして「蔵元八義」を訪ねた。

「山梨県と長野県の県境で、マイナス何十℃の世界です。地下水を凍らせて、ゴミが入らないようにするために職人さんが一睡もせずに管理する。出来上がる直前に雨や雪が降れば、不純物が入ってしまうのでふりだしに戻る。こんなに便利な世の中なのに、職人さんがアナログな工程で完成する美しい天然氷にとにかく感動しました」

 わずかな汚れも許されない厳格さを求められ、とにかく体力と根気が欠かせない。職人技によって生み出された天然氷はかき氷として販売される。昨夏には小椋自身もキッチンカーに乗ってお客さんに提供した。

 冬場しか製造できない天然氷だけで生計を立てるのは難しいが、自身と世の中を見つめ直す良い機会に。プロ生活16年で知らず知らずのうちに疲弊していた心身が洗われるような感覚に陥った。

 そんな折、現役時代にお世話になった方へ挨拶するために東京や横浜へ足を運んだ。コロナ禍以前の話である。

 すると横浜FM在籍時代と比べて街にフィットネスジムなどのトレーニング施設が溢れていることに気づいた。そこから元アスリートしての知見を生かして想像をめぐらせた。

かつてヴァンフォーレ甲府でプレーをした小椋祥平【写真:Getty Images】

かつてヴァンフォーレ甲府でプレーをした小椋祥平【写真:Getty Images】

アスリート時代の経験を生かして伝えたいリカバリーの重要性

「パーソナルや24時間営業など手法は様々ですが、とにかくフィットネスジムが増えている時代です。自分もずっとスポーツをやっていた身なので運動が体に良い影響を与えることは当然知っています。でも、ふと思ったんです。サッカー選手などアスリートはジムで体を鍛えることが仕事の一部だけど、例えばサラリーマンの方は仕事で疲れているのに、さらにジムで鍛えて疲れてどうするのか、とても疑問でした。僕が選手の時は、ボールトレーニングやジムで筋トレをした後に回復させるサイクルでした。つまり休む、休養することも仕事の一つだったわけです。だから一般の方に向けても、体を回復させる施設があったら需要があるんじゃないかって」

 誰かからの入れ知恵でもない。自身で考え、答えを探していく。すると次第に視界が晴れていく感覚に陥った。

 思い返せば、16年間の現役生活で出場した試合と同じ数だけリカバリーに時間を割いてきた。練習試合後も含めれば、出場試合数を上回っているかもしれない。トレーニング、試合、そしてリカバリーが一つのサイクルになっていた。

 もっとも小椋はリカバリーの重要性をいまいち理解せず、漠然とこなしていた。試合翌日は軽めのジョギングで汗を流し、プールで全身の筋肉をほぐす。時間が短く、強度も低い。さっさとクラブハウスへ引き上げ、ドライヤーで髪を乾かさず帰路につくのが日常だった。

「リカバリーの日は好きでした。とにかく楽だったから(笑)。でも、よくよく調べてみると疲労もいくつかのパターンに分類できるんです。体力的な疲れや筋肉痛は身体的疲労で、それ以外にストレスなどの精神的疲労、それから思考することによる脳疲労があります。人間は何をするにも脳を使っていて、当たり前のことだから意識しないけど脳にも疲労が蓄積していく。この3つすべてを回復させることがリカバリーの狙いなんです」

 一般人は選手やアスリートを絶対数で勝るが、リカバリーの必要性や重要性について知る由もない。特に昨今のコロナ禍においては、普通に生きるだけでも無意識のうちにストレスがかかっていることも少なくないだろう。

 文明が発達する一方で、情報過多に陥っているケースも多々ある。ただし膨大な情報量を脳が処理できているとは限らない。オンとオフを上手に切り替えることができずに作業効率が落ちてしまっては意味がない。調べれば調べるほど「睡眠負債大国」と呼ばれる日本ならではの課題が山積されていた。

注目した“パワーナップ”、銀座3丁目にリカバリーに特化したサロンを開店

 リカバリーに特化した施設をオープンするにあたり、まずは酸素カプセルの導入を決めた。2002年の日韓ワールドカップ直前に、骨折したデイビッド・ベッカムが超回復したことで知られる“アレ”だ。酸素を十分に補給し、全身に酸素を行きわたらせることで血行が良くなる。それによって肩こりやだるさが解消され、疲労回復につながる。さらに美容効果や脳の働きの活性化にもポジティブな要素があると言われている。

 酸素カプセル自体は現代社会でさほど珍しいものではなく、一般人でも探せば見つけるのに苦労しない。小椋が注目したのは、脳疲労を回復させるための手段だった。

「脳疲労のリカバリーについて調べていると『パワーナップ』という単語に出会ったんです。これは『パワーアップ』という言葉と、うたた寝という意味の『ナップ』という単語がくっついた造語です。難しく考える必要はなくて、つまり昼寝のようなものです。でもここからが少し専門的で、良い昼寝には5つの条件があります」

 以下の5つが、パワーナップを行う際のポイントだ。

1. フラットな姿勢で眠らない
2. 睡眠時間は20~30分を目安に
3. 視界を真っ暗にする
4. NuCalm(以下、ニューカム)で適度な雑音を
5. 施術前にカフェインを摂取

 それぞれの理由について小椋が熱っぽく話してくれた。

「ベッドや布団で横になってしまうと睡眠が深くなりすぎてしまいます。それで起きた時に体が重くなってしまう経験がみんな一度はあるのではないでしょうか。睡眠時間も同じで、30分以上寝てしまうと体がだるくなりますよね。それからアイマスクを着用してもらいます。人間は視覚から得る情報が多すぎるのでシャットアウトすることで脳が休まります。聴覚効果についてはパワーナップ専用のソフトウェアが開発されていて、それがニューカムです。テニスの全米オープンなどでは大会側がリカバリールームを設置していて、そこでも使用されている音楽ソフトウェアです。最後に、施術前にカフェインを摂取することで30分後の目覚めがより快適になります。コーヒーは好き嫌いがあると思うので緑茶などで代用が可能です」

 聞けば、なるほど。うたた寝侮るなかれ、である。

 物件を探し始めると、銀座3丁目に手頃なテナントが見つかった。酸素カプセルを導入しているサロンの空き店舗で、高性能酸素カプセル3台を安価で買い取れることも好都合だった。ニューカムはアプリをダウンロードするだけだが、使用するための権利を約100万円で購入。さらに独自のアイデアで加圧ブーツや、高濃度酸素水とシリカ水、フィトンチッドの3種類を混ぜたミストも用意した。

接客をして日々発見「疲れている顔が分かるようになりました」

 こうしてトータルリカバリーサロン「Re:room」をオープンしたのは、自身35度目の誕生日となる昨年9月8日だ。

「ちょうど『キューヨー(休養)の日』で語呂が良かったので(笑)。まだ手探り段階でいろいろ修正しながら利用者にとって居心地の良い空間を作っていきたい。そのために、まずはリカバリーという言葉や意味を広めていくことが重要だと思っています。この銀座の店舗だけで利益を生み出すという考えはあまりなくて、自分がお世話になった方々が多く住んでいる、例えば横浜や甲府にもこういった施設があれば人々の暮らしがより豊かになるんじゃないかなと想像しています」

 銀座という土地柄もあり、2008年から14年まで7年間在籍した横浜FMのファン・サポーターが多く来店しているという。酸素カプセルで高濃度酸素を取り込むと、72時間程度は体内に残る。そのため理想は3日に1回の来店だが、毎日のように足を運んでくれる熱心なリピーターもいる。金曜日から月曜日までは小椋自身が対応し、酸素カプセルとパワーナップは会員になれば2500円ずつでビジターでも3000円と手頃な価格設定だ。30分ずつ計1時間あれば十分なサービスを受けることが可能で、時間が長くなれば効果が上がるわけでもない。

「マッサージは人が施術するので、どうしても当たり外れがありますよね。酸素カプセルとパワーナップは機械なので常に一定の効果を得られます。初めて体験する人が必ず眠れるわけではないですけど、アイマスクとヘッドフォンをしているので情報は遮断できていて、十分にリカバリー効果を得られています。寝付きや寝起きが良くなるだけでなく、眼精疲労にも効果があって、貧血になりやすい体質を改善させることもできます。価格設定については継続的にサービスを受けてほしいという思いがあります。1回よりも2回、2回よりも3回と回数を重ねることで得られる効果を体感してもらいたい」

 新型コロナウイルスとの終わりの見えない戦いは、気がつけば開始から1年以上が経過した。今やマスクを着用しない日はなく、財布や携帯電話と並ぶ持ち歩き必須アイテムである。疲れやストレスは直接的に目に見えるものではないが、サロンをオープンしてからはお客さんの表情を見て感じることがあった。

「お客さんがお店に入ってきてくれた瞬間、疲れている顔が分かるようになりました。どこか元気のない表情なんです。酸素カプセルとパワーナップでリカバリーしてもらって、空いている時間に悩みを聞いて、他愛もない話をする。少しずつ表情が変わっていって、帰る頃には顔がまったく違うものになってくれたら嬉しい」

 毎日に発見があり、それがやりがいにつながっている。

コロナ禍で「売り上げとしては厳しい」なか支えてくれる多くの人に感謝

 とはいえ、このご時世である。しっかりとした収益を上げて事業として成功させるのは容易なことではない。オープンして約4カ月が経過した今年1月には、首都圏に対して2度目の緊急事態宣言が発令された。オフィス街の人の往来が少なくなり、営業時間にも制限がかかる。設備投資は最小限に抑えることができたとしても、家賃と人件費は積み重なっていく。

「売り上げとしては厳しいですし、今は貯金を切り崩してやっています。幸いサッカーをやっていたことでわずかながら貯蓄はありますが、このままずっと赤字では経営していけません。だから今は踏ん張りどころです。でも経験しないと何も語れない。お店をオープンしたことで出会えた人もたくさんいますし、目先のことがすべてではありません。僕はプロ1年目から先の見えない生活をしていましたからね(笑)。少しくらいの苦労では挫けません」

 あっけらかんと笑いながらも、一度決めたことはやり通す。“マムシの真髄”が見え隠れした。そしてプロサッカー人生が今につながっていることをあらためて実感する。

水戸ホーリーホックから始まり、横浜F・マリノスガンバ大阪モンテディオ山形、最後がヴァンフォーレ甲府。5つのクラブでプレーし、たくさんのファン・サポーターに応援していただきました。現役当時はあまり自覚がなかったのですが、こうして引退後も来店して励ましの言葉をもらうと本当に嬉しい。回復を提供するはずの僕が元気をもらってしまっています(笑)。そういった方々のためにも、それからプロサッカー選手を引退した人に新たな可能性を示す意味でも、なんとか形にしていきたい」

 読み終えて疲れた方は銀座3丁目へ――。セカンドキャリアをスタートさせた“マムシ”が、温かい笑顔とちょっぴりぎこちないお茶出しで迎えてくれる。(文中敬称略)(藤井雅彦 / Masahiko Fujii)

ジャンルで探す