まるでラガーマン!? 浦和DF槙野智章、筋肉くっきりの“ピチピチ”ユニフォームに反響

浦和レッズでプレーするDF槙野智章【写真:Getty Images】

浦和レッズでプレーするDF槙野智章【写真:Getty Images】

浦和DF槙野智章、謎の“ピチピチ”ユニフォームに同僚GKも反応 「ラガーマン」

 浦和レッズは7日、J1リーグ第8節・清水エスパルス戦を2-0で制し、今季初のリーグ戦2連勝を飾った。無失点に貢献した日本代表DF槙野智章は、自身のインスタグラムで「次も勝つ!!」と宣言するとともに、ユニフォームの“サイズ”について言及している。

 リカルド・ロドリゲス新監督体制となった浦和は今季、開幕6試合で1勝2分3敗と苦しいスタートとなったが、前節で強豪鹿島アントラーズを2-1で撃破。敵地に乗り込んだ今節の清水戦も、DF岩波拓也とFW杉本健勇がそれぞれゴールを挙げ、2連勝をマークした。

 槙野は自身のインスラグラムで、「次も勝つ!! 俺たちは足を止めない!!」と力強く宣言。その一方で、「それにしても、このユニフォーム小さいんだけど俺だけかな??笑」と綴り、試合前の“儀式”となっている自身の手に向かって暗示をかけているシーンを捉えた写真をアップした。

 実際、ジャストフィットで背中や二の腕の筋肉がくっきりと見えており、同僚のGK西川周作が「ラガーマンまきのくん」とコメントすると、槙野は「ラガーマンはヤバイ。笑トライしよっかな。笑」とユーモアたっぷりに返答。そのほかにも、ファンから「競輪選手みたい」「確かにピッタリサイズ」とコメントが寄せられ、賑わいを見せていた。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す