4都府県の緊急事態宣言延長 愛知・福岡も追加

「天と地の差があいてしまう」 久保建英が南米の強豪相手に感じた“収穫”と“改善点”

U-24日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

U-24日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

U-24アルゼンチン代表戦にフル出場した久保 「手応えはないけど…」

 東京五輪世代のU-24日本代表は26日、東京スタジアムで行われた国際親善試合U-24アルゼンチン代表戦で0-1と惜敗した。トップ下で先発メンバーに名を連ねたMF久保建英(ヘタフェ)はMF三笘薫川崎フロンターレ)と“初共演”を果たしたものの、ゴールは割れず。シュート10本で相手の4本より上回ったものの、決め切れなかった“決定力”について「決めたチームと決めていないチームで天と地の差があいてしまう」と危機感を募らせた。

「0-1で負けているので、手応えはないけど、拮抗した力があることがわかった。相手にもこっちにもいい時間があるなかで、どのカテゴリーでも一緒ですけど、決めたチームと決めていないチームで天と地の差があいてしまう。次は自分たちが笑って終われるようにしたい」

 強度の高いアルゼンチンに手を焼きながらも、ペースを掴み直し、ほぼ互角の展開で試合を進めた日本。クロスバーにも助けられながら失点を免れていたが同21分、ロングボールを収めたMFマティアス・バルガスにDF板倉滉(フローニンゲン)が体をぶつけながらも右サイドを突破され、中央へのふわりとしたクロスをFWアドルフォ・ガイチにヘディングで決められた。

 後半に入ると、徐々に日本の時間帯が増える。同32分にはMF渡辺皓太横浜F・マリノス)からの浮き球パスをFW食野亮太郎(リオ・アヴェ)が胸で落とし、最後は久保が右足でのボレーシュートを放ったが、惜しくも枠をとらえられなかった。相手の堅い守備をかいくぐり、何度も敵陣でチャンスメークした日本だったが、最後までゴールを割ることができなかった。

 相手のシュート4本に対して、日本が放ったシュートは10本。特に押し込んだ後半は8本のシュートを決められなかった。先制点を奪われてからは、相手が徹底した守備を見せ、打開は難しかったものの、サイドやロングボールを使いながらチャンスを作り出した。そのなかで、今回はしたたかさを含めて上回られた相手と対戦できたこと、課題を再確認できたこと、「拮抗した力があること分かった」のは収穫となった。もちろん、クリアにすべき改善点はある。久保は試合後すぐに整理して話した。

「もうちょっと動きを増やしたい。負けている時に勝っているチームのプレーをしていた。あまり連動性もなく、同じところにボールをつないでしまうしシーンが何度かあったので、どんどん回していかないと相手も引いて守ってくる。気持ちよく守らせていた時間帯があった」

 南米予選1位通過の強豪は真正面からぶつかってくるだけではなく、“ずる賢さ”も持ち合わせていた。この“差”を埋めるため、中2日で臨む29日の再戦は、決定力だけではなく、今回学んだ全てを出し切って、東京五輪へとつなげていきたい。
(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す