新型コロナ 10都府県に緊急事態宣言

「素晴らしい絵」とファン反響 元日本代表FW高原、愛犬との“のんびり”ショットに反響

元日本代表FW高原直泰(写真はSC相模原所属時のもの)【写真:Getty Images】

元日本代表FW高原直泰(写真はSC相模原所属時のもの)【写真:Getty Images】

高原直泰が公式インスタグラムで休日の様子を公開

 九州サッカーリーグに所属する沖縄SVでオーナー、選手と二足の草鞋を履く元日本代表FW高原直泰が公式インスタグラムを更新した。沖縄で過ごす休日の様子を公開。愛犬との2ショットが反響を呼んでいる。

 現在41歳の高原は年代別代表から活躍すると、1998年に黄金期のジュビロ磐田に加入。1年目から頭角を現すと、2002年には26ゴールを奪ってJリーグMVP&得点に輝いた。日本代表としても長年活躍した高原は、国内では浦和レッズ清水エスパルス東京ヴェルディSC相模原でプレーし、海外ではボカ・ジュニアーズ、ハンブルガーSV、フランクフルト、水原三星に在籍した。2016年に沖縄SVを創設し、当初は監督としても指揮。現在はオーナーと選手としてクラブを牽引している。

 そんななか、自身の公式インスタグラムでオフの日の貴重ショットを公開。愛犬との爽やかな2ショットを投稿している。

「沖縄いい天気だ。のんびり過ごす休日。#ちゅらさんビーチ #マテ茶 #bocajuniors #まめしば #まめしばのいる暮らし #きゅうじつの過ごし方」

 青い空の下、芝生の上にレジャーシートを敷いて過ごすオフに、ファンからは「沖縄で遊びたい」「素晴らしい絵ですね〜」「ビッグタカハラ」など反響が寄せられた。

 沖縄で自身のキャリアを歩み続ける高原に、今季も注目が集まりそうだ。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す