緊急事態宣言 沖縄を除き20日で解除

南野、ニューカッスル戦で新天地デビューへ 対戦相手も警戒「直面する可能性が高い」

サウサンプトンデビューが期待されるMF南野拓実(写真はリバプール所属時のもの)【写真:Getty Images】

サウサンプトンデビューが期待されるMF南野拓実(写真はリバプール所属時のもの)【写真:Getty Images】

デビューが期待される南野、得点力不足に陥るサウサンプトンの救世主になるか

 サウサンプトンは現地時間6日、プレミアリーグ第23節でニューカッスルと対戦する。期限付き移籍した日本代表MF南野拓実の新天地デビューが期待されているが、対戦相手ニューカッスルの地元紙は「タクミ・ミナミノがデビューしそうだ」と取り上げ、警戒心を示している。

 南野は今季、リバプールで勝負の2シーズン目を迎えていたが、なかなか出場機会を得ることができず苦しい日々を過ごしていた。リーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)で待望のプレミア初ゴールを記録したものの、それ以降はリーグ7試合でわずか6分間の出場にとどまっており、アタッカー陣の序列で最下層にまで後退していた。

 そのなかで、2月1日に今冬の移籍市場最終日を迎えたが、土壇場でサウサンプトンへの期限付き移籍が決定。レンタル期間は今季終了までとなっており、敵地で行われるニューカッスル戦でのデビューが期待されている。

 そうしたなかニューカッスルの地元紙「クロニカル」は、「サウサンプトンは移籍期限デッドラインでリバプールから獲得したレンタル選手を初公開する準備が整っている」と見出しを打ち、「タクミ・ミナミノがデビューしそうだ」と取り上げている。

 また、「ニューカッスルはセント・ジェームズ・パークで元ザルツブルクのエースに直面する可能性が高そうだ」と、南野の登場に警戒心を示していた。4連敗中のサウサンプトンは4試合1ゴールと深刻な得点力不足に陥っているが、対戦相手のメディアも南野のデビューを気にかけている様子だった。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す