「新たな運命を受け入れる」 香川、ギリシャ移籍目前とスペイン大手紙も指摘「考えを変えた」

無所属が続いているMF香川真司【写真:Getty Images】

無所属が続いているMF香川真司【写真:Getty Images】

3カ月間無所属が続く香川、新天地はギリシャ1部PAOKへの移籍が濃厚? 

 MF香川真司は昨年10月にスペイン2部サラゴサを退団し、無所属の状態が続いている。今冬の移籍市場で新天地を求めるなか、スペイン大手紙は「カガワがPAOKとの契約が目前」と見出しを打ち、「新たな運命を受け入れようとしている」と、ギリシャ1部PAOKへの移籍に迫っていると取り上げている。

 香川は2010年7月にセレッソ大阪からドルトムントに移籍して欧州進出を果たすと、ブンデスリーガ2連覇などに貢献した活躍が評価され、12年6月にプレミアリーグ名門マンチェスター・ユナイテッドへステップアップ。その後はドルトムントへ出戻り4年半を過ごした後、19年1月に出場機会を求めてベジクタシュに期限付き移籍した。  

 そして同年夏、サラゴサに加入して念願のスペイン初上陸を果たす。しかし、開幕当初は先発出場を重ねていたものの、中盤戦以降は出場機会が減少してチームも昇格を逃してしまう。戦力刷新の必要性が指摘されたなか、香川はEU圏外枠であることに加え、高パフォーマンスを発揮できなかったとされ、両者合意のうえでの退団が昨年10月に正式決定した。

 本人はスペインでのキャリア続行の意向を表明していたが、スペイン紙「マルカ」は「カガワがPAOKとの契約が目前」と見出しを打ち、「香川真司は新たな運命を受け入れようとしている」と、最優先事項はスペイン残留だったが、ギリシャに活躍の場を移す意思が固まりつつあると指摘している。

 記事では、「彼は考えを変える。プレーしないまま1年を過ごしたくないからだ」と綴っており、昨年末に香川自身が1月中の所属チーム決定の意思を示していたことから、近々新天地決定のニュースが飛び込んでくる可能性が高そうだ。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す