新型コロナ 首都圏1都3県に緊急事態宣言

鮫島彩、WEリーグ参戦の大宮V移籍で“900文字”の惜別メッセージ 「自分の無力さを痛切に…」

INAC神戸レオネッサのDF鮫島彩【写真提供:INAC神戸レオネッサ】

INAC神戸レオネッサのDF鮫島彩【写真提供:INAC神戸レオネッサ】

6年間を過ごしたINAC神戸を離れ、同じWEリーグに参戦する大宮Vへの移籍を決断

 2021年秋に開幕する日本初の女子プロリーグ「WEリーグ」に参戦するINAC神戸レオネッサは13日、なでしこジャパン(日本女子代表)DF鮫島彩が、同リーグの大宮アルディージャVENTUS(大宮V)に移籍することを発表した。鮫島はINAC神戸を通じ、900文字にわたる長文で思いを綴っている。

 鮫島はTEPCOマリーゼでキャリアをスタートさせ、アメリカ、フランスでの挑戦を経て、2012年に日本に復帰。ベガルタ仙台レディース(当時)で3年プレーしたのち、2015年にINAC神戸に移籍した。

 2011年の女子ワールドカップで世界一に輝いたベテランは、レギュラーとしてチームを牽引してきたが、WEリーグが開幕する2021年に新たな挑戦を決断した。INAC神戸から元なでしこジャパン指揮官の佐々木則夫氏が総監督を務める大宮Vへの移籍が決まった。

 鮫島がINAC神戸を通じて発表したコメントは以下のとおり。

「このたび、大宮アルディージャVENTUSに移籍することになりました。今年こそは、今年こそはとリーグ優勝を切望し走り続けていたら、いつの間にか6年もの月日が流れていました。INAC神戸ファミリー全員でリーグ優勝のカップを掲げて喜ぶ姿を夢見てきましたが、この想いは一度も叶えることができず、クラブのタイトル獲得に全く貢献することができなかったことに自分の無力さを痛切に感じています。

 しかし、自身のサッカー人生で初となる皇后杯優勝を2度も経験できたりと、INAC神戸では今までに見たことのない多くの素晴らしい景色を見させていただきました。新たな挑戦を応援するよと背中を押してくださり、またいつでも神戸に遊びにおいでと温かい声を掛けてくださったチーム関係者の皆様、クラブの活動を日々支えてくださっているスポンサーの皆様、良いときも苦しいときも常に一緒に闘ってきた同志であるチームメイトに、この場をお借りして感謝の想いをお伝えさせていただきます。本当にお世話になりました、ありがとうございました。

 そしてファン・サポーターの皆さん。“応援する、応援してもらう”という関係性だけではなく、チームメイトやスタッフと同じく共に戦う“仲間”であり、とても心強い存在でした。勝利後は勝利の歌で一緒に喜び合い、満足のいく結果を出せないときにも私たちを決して見放さずに一緒に闘い続けてくださった皆さんには、この感謝の想いを伝えられる言葉が見つかりません。対戦相手、他クラブのサポーターの方々に常に敬意を欠かさない雷音さんの姿勢も大好きです。そんな素晴らしいサポーターに支えられているINAC神戸の一員であったことを誇りに思います。

 雷音の皆さん、INAC神戸ファンの皆さんと6年間共に闘ってきたことを誇りに思います。リオ五輪予選敗退後からずっと掲げてくださっていた『皆で女子サッカーを盛り上げ続けよう!』の横断幕を毎試合しっかりと目に焼き付けていました。これからは女子サッカー界をINAC神戸と共に盛り上げていけるように、大宮の地から私なりに精一杯努めていきたいと思います! 直接ご挨拶をできる場がないため長文になってしまいましたが、6年間本当にありがとうございました」(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す