G大阪ジュニアにも在籍する“才能の原石” ペンサールFP北野碧くんが華麗な足技を披露

ペンサールFP北野碧くん【画像:Football ZONE web】

ペンサールFP北野碧くん【画像:Football ZONE web】

好きな選手はアザールとアグエロ 決定的な仕事もできるチームのバランサー

 新型コロナウイルスの影響で2020年は、小学生年代のフットサルの全国大会であるJFAバーモントカップ第30回全日本U-12フットサル選手権が中止となった。その大会の代わりに開催されたのが、U-12フットサルチャンピオンズカップだ。

 U-12フットサルチャンピオンズカップは全国各地で予選が行われ、計230チームが参加した。ペンサールフットサルスクールは、関西予選を勝ち抜き、全国大会への出場を決めた。ペンサールは、Fリーグのシュライカー大阪でプレーしていたFP中田領が代表を務めるフットサルスクールであり、これまでは大会に出場していなかった。だが、今年はサッカーチームの活動が制限される子供も多く、今大会に出場することになり、全国大会に向けて新たにユニフォームも新調した。

 そんなチームの主力の1人が、北野碧くんだ。普段はガンバ大阪ジュニアに在籍している北野くんは、今大会でもチームの主軸として活躍。好きな選手にベルギー代表MFエデン・アザール、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロを挙げるが、フットサルではフィクソのポジションでチーム全体のバランスを整え、ボールを奪って前へ運び、ゴールに絡むと攻守万能なプレーを見せていた。

 ペンサールは、グループステージの結果、順位決定戦に回ることとなった。「楽しかったです。でも、勝ちきれなかったから最悪です」と、この大会に出場した感想を語った北野くん。全国大会で味わった悔しさをバネに、さらなる成長を遂げてくれるはずだ。(Futsal X・河合拓 / Taku Kawai)

ジャンルで探す