久保に「最も決定的なチャンスがあった」 スペイン紙は厳しい評価「ゴールがあればお祭りに…」

ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】

ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】

試合終了間際、モレノのパスからGKクルトワと1対1を迎えると得点には至らず

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英は、21日のリーガ・エスパニョーラ第10節レアル・マドリード戦(1-1)で後半44分から途中出場。短い時間の中でチャンスに絡んだが、得点にはつながらず、スペインメディアは「彼のゴールがあれば、お祭りになっていただろう」と報じている。

 久保はリーガ3戦連続のベンチスタートとなったが、試合は前半2分にレアルFWマリアーノ・ディアスに先制点を奪われる苦しい展開。それでも、後半に入って徐々にビジャレアルに流れが傾き、後半31分にPKを獲得すると、これをスペイン代表FWジェラール・モレノが決めて同点とした。

 そして1-1で迎えた後半44分、MFモイ・ゴメスに代わって久保が投入される。トップ下に配置されると直後の後半アディショナルタイム、ペナルティーエリア左に走り込んだ久保がモレノのラストパスを受け、相手GKティボー・クルトワと1対1のビッグチャンスを迎えるが、右足でのインサイドキックは中途半端な形となり、チャンスを逃す結果となった。試合はこのまま1-1の痛み分けに終わっている。

 スペイン紙「マルカ」は、3つ星評価で星一つにとどまり、「クボに最も決定的なチャンスがあった。フリーでクルトワと対峙、ナチョが足を出すところを見たが、ベルギー人選手が得点を防いだ」とクルトワの好守に遭ったことを伝えている。

 一方、スペイン紙「AS」では出場時間が短く、3点満点の評価はなし。「勝利はクボの下にあった。彼のゴールがあれば、お祭りになっていただろう」と記し、レアル撃破のチャンスを逃したと分析している。

 久保としても“保有元”レアルへアピールするチャンスでもあったが、出場時間が短すぎた。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す