日本からワールドクラスの“天才”は生まれるか 南米の環境に見るスーパースターの条件とは?

日本だけでなく世界中から期待を集める日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

日本だけでなく世界中から期待を集める日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

【亘崇詞の“アルゼンチン流”サッカー論|最終回】名将ビラルドが示唆していた日本サッカーの未来

 1986年メキシコ・ワールドカップ(W杯)を制したアルゼンチン代表のカルロス・ビラルド監督は、「日本はコロンビアみたいなサッカーをするべきだろう」と話していたという。この頃のコロンビアは、インサイドキックの魔術師のようなカルロス・バルデラマを中心にショートパスを連ねるスタイルで世界を席巻。1994年アメリカW杯の開幕前には、ペレが優勝候補に挙げたほどだった。

 かつて亘崇詞が日テレ・ベレーザ(当時)の指導に携わった時も、同じような面白さを感じた。

「なかなか女子選手には、男子のように一発でサイドチェンジをするキック力がありません。サイドを変えようと思えば、一度ボランチを経由し、2人のボランチ間でつないでから丁寧に逆サイドへ渡す。しかしパスの本数が増えてもぶれない。時計のような精密さを極めていく。それは日本企業が世界に伍して戦っていくうえでも大事なポイントだったと思います。実際に指導者ライセンスを受講して感じたことですが、スポーツ全般を見ても本当に細かく丁寧に極めていくことができるのは、日本の大きな強みだと思います」

 結局日本サッカーは、ほぼビラルドの提言に近い形で進化を遂げてきた。

「例えばオランダなら1本のキックで逆サイドへ展開できるから、ピッチをワイドに使ってそこから1対1の仕掛けというサッカーになる。一方、日本はそれができない分だけ人数も手数もかけて、数的優位を作りながら崩していく。女子は世界へ出るとスピードとパワーで劣るわけですが、男子が驚いたり大事なヒントを提供したりすることも可能だと思うんです」

 一方で日本が世界に太刀打ちしていくためには、組織力で勝負をしていくしかないのだろうか。日本からはクリスティアーノ・ロナウドリオネル・メッシ級のクラッキ(天才)が生まれてくる可能性はないのか、敢えて亘に質問をぶつけてみた。

「組織、組織と言っても1人で何もできなければ世界では戦えません。でも日本からもクラッキが生まれてくる可能性は大きいし、出てきてほしいと思います。そのためには、才能を伸ばしていける環境に身を置いて、やってくる敵に勝ち続けなければいけない。相手チームはもちろん、チームメートとの競争、メディアやファンからのプレッシャー……、すべてに勝って少しずつステップアップしていく必要があります」

東京ヴェルディのスクールでの指導経験も持つ亘崇詞【写真:本人提供】

東京ヴェルディのスクールでの指導経験も持つ亘崇詞【写真:本人提供】

東京Vスクール時代の久保を指導 「技術も強い気持ちも違うものを持っていた」

 どんな天才でも成功が確約されていたわけではない。また、サッカーが頭抜けて上手いだけではスーパースターにはなれない。

ディエゴ・マラドーナでさえ、誰もが上手いのは分かっていましたが、あの体の小ささですから潰れてしまうのではないか、と危惧する声もありました。20歳頃までは、ただの純粋なサッカー少年だったのが、いつからか政治の話も口にするようになり、クラブの役員を抑え込むようなカリスマ性や影響力を持つようになったんです。カルロス・テベスフアン・ロマン・リケルメエベル・バネガらがスターダムに上がっていくのを見ると同時に、様々な理由で挫折していく選手もたくさん見てきました」

 亘には、久保建英を東京ヴェルディのスクールで、ベレーザの選手と一緒に指導していた時期がある。

「ヴェルディのジュニアでは、小学校高学年にならないと選手登録ができなかった時代なので、親御さんとともに判断して川崎フロンターレに移る判断をしたのだと思います。技術もサッカーでやっていく強い気持ちも他の子とは違うものを持っていましたが、小学1~2年生では絶対に大成するかどうかなど分からなかった。いくら才能を持っていても、いろいろな競争に圧し潰されて消えていった選手はたくさんいます。しかし彼はその後も自分で選んだ環境で勝ち続けて、今があるわけです」

 これまでも亘は選手たちの発芽促進のために、様々な試みをしてきた。

「日本の環境が悪いというわけではありません。しかしゴルフや競馬でも日本の選手や馬が、海外の深い芝や異なる環境下で勝つのは難しい。やはり日本の素晴らしい芝やプレッシャー下ではなく、世界に出て戦い勝つことがスタンダードになっていかなければと思うんです。そのためには、いろいろな映像を見せてあげるのも良いかもしれません。でも肌で感じたほうが良いので、できる限りお金をかけずに海外チームとの試合を組むようにしてきました。また僕自身も世界で働ける指導者になるために、毎年外国人選手には通訳なしで入団してもらっています。選手も指導者も人間として逞しくならなければいけないと、いつも考えているんです」

「もし遠藤保仁が若くしてバルセロナに入っていたら…」

 技術、体力を備えたうえで、チームまで掌握する力を持たなければスーパースター、あるいは名将とは呼ばれない。

「もし遠藤(保仁)が若くしてバルセロナに入っていたら、メッシ、シャビ、イニエスタの3人に割って入っていたかもしれないと思うことがあります。でもシャビもイニエスタも精神的に物凄く強いし、狡賢さも持っているはずです。サッカーが上手くて、田中角栄渡邉恒雄、本田宗一郎並みの強烈な個性を備える選手が出てきたら、スーパースターになれるかもしれません」

 もちろんスーパースターは世紀単位でも滅多に生まれてくるものではないが、強烈なパーソナリティーという壁を超えていくのは、技術習得を遥かに上回る難題になることは間違いない。(Football ZONE web編集部)(加部 究 / Kiwamu Kabe)

ジャンルで探す