マンU、4人連動の高速カウンター弾炸裂! 海外メディア称賛「輝かしいチームゴール」

ニューカッスル戦で決勝ゴールを決めたMFブルーノ・フェルナンデス【写真:AP】

ニューカッスル戦で決勝ゴールを決めたMFブルーノ・フェルナンデス【写真:AP】

フェルナンデス、ニューカッスル戦で4-1大勝を導く決勝ゴール

 イングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドは現地時間17日、プレミアリーグ第4節でニューカッスルと対戦し4-1で勝利した。この試合でポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスは、PK失敗後に決勝ゴールを奪ったが、その一撃が「輝かしいチームゴール」と海外メディアで称賛されている。

 開幕3試合で1勝2敗、しかも前節ではトッテナムに1-6大敗を喫していたユナイテッドは、敵地セント・ジェームズ・パークに乗り込みニューカッスルと対戦したが、この試合でも開始早々の2分にDFルーク・ショーのオウンゴールで先制を許してしまう。それでも前半23分にCKからDFハリー・マグワイアが同点ゴールを叩き込むと、後半9分にFWマーカス・ラッシュフォードがペナルティーエリア内で倒され、VAR判定の末にPKを獲得した。このチャンスにフェルナンデスがキッカーを務めるが、左を狙ったシュートはニューカッスルGKカール・ダーロウに止められてしまう。

 試合の均衡が破られず嫌な空気が漂い始めたなか、ユナイテッドは同41分に華麗な連係からゴールをこじ開ける。自陣左サイドのタッチライン際でMFドニー・ファン・デ・ベークがクリアボールを拾い、前にいたフェルナンデスにショートパスを当てるとカウンターを発動。フェルナンデスがヒールで戻したボールをファン・デ・ベークもワンタッチで中央のMFフアン・マタへ。マタはワントラップすると、左サイドを抜け出したラッシュフォードへパスを通した。ラッシュフォードはカットインしながらタメを作り、最後は外を回ったフェルナンデスに渡し、右足でコントロールショットを逆サイドネットに突き刺した。

 自陣からの美しい高速カウンターに、オーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」公式ツイッターが「マンチェスター・ユナイテッドが輝かしいチームゴール。ブルーノ・フェルナンデスは凄まじい動きから最後の仕上げをした」と綴り称賛。米スポーツ専門局「ESPN」ブラジル版公式ツイッターは、「地獄から天国へ!」とフェルナンデスがPK失敗から勝利の立役者になったことを伝えていた。

 その後さらに2点を追加したユナイテッドは、4ゴールを奪って大勝。フェルナンデスの殊勲の一撃が、開幕からの悪い流れを断ち切ることになるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す