若い在日朝鮮人選手の道しるべに―― 李漢宰、大先輩から受けた刺激と自らに課す使命

FC町田ゼルビアのMF李漢宰【写真:©FCMZ】

FC町田ゼルビアのMF李漢宰【写真:©FCMZ】

同じバックグラウンドを持つ4歳年上の安英学氏を尊敬「常にフォローしてくれた」

 FC町田ゼルビアのMF李漢宰(リ・ハンジェ)は今年、プロ20年目のシーズンを迎えている。サンフレッチェ広島北海道コンサドーレ札幌、FC岐阜、町田で常に全身全霊を込めて戦ってきた熱血漢は、初めて朝鮮学校からダイレクトでJリーグ入りを果たした在日朝鮮人3世選手だ。「僕は若い世代を引っ張っていく立場にいる」――。憧れの先輩の背中を追うように、若い在日朝鮮人選手の“道しるべ”として第一線に立ち続ける覚悟に迫る。

 2001年に広島でJリーガーとしてのキャリアをスタートさせ、3年目の03年から主力の1人となった李漢宰の存在が大きく広まったのが、北朝鮮代表の一員として出場した2005年2月9日に行われたワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本戦(さいたまスタジアム)だった。北朝鮮が国際試合にあまり姿を見せず、その実力が未知数であることから、在日朝鮮人3世のMF安英学氏(アン・ヨンハ/当時・名古屋グランパスエイト)と李にメディアが殺到した。自身が生まれた日本で、母国を背負ってジーコジャパンと対峙した一戦を、李漢宰は「一生忘れられない試合」と振り返る。

「試合に至るまでの1~2カ月間、謎に包まれた北朝鮮がどういうものか、在日選手の僕と安英学さんに聞こうと、ずっとテレビや雑誌の人たちに追われていました。逆に言えば、僕は注目されることで、同じ境遇で生きてきた在日の方たちに勇気や希望、少しでも力を与えたいと思っていました。当時、僕も(22歳と)若かったので(苦笑)、ストレートな思いで『日本代表を倒す』『中村俊輔さんを削る』と挑発的な発言もしましたね」

 そんなギラギラと闘争心に溢れた若き日の李漢宰を陰で支え、憧れの存在であり続けたのが、4歳年上の安英学氏だ。同じバックグラウンドを持ち、岡山県倉敷市出身という共通点もある先輩を、「ひと言で言うなら、超えられない存在です」と李漢宰は尊敬の念を込める。

「1人の選手としてもちろん偉大ですけど、自分の思いをあれだけストレートに表現しつつ、みんなに共有することができる。たくさんの方から称賛されて、1人の人間としても本当に素晴らしいと思います。正直、思い出を話し出したらキリがないですね(笑)。ただ、僕が挑発的な言葉を発した時に常にフォローしてくれたのは安英学さんでした。“名コンビ”と言われつつも、やはりまだまだ自分は若かったなと思います」

代表として2005年2月9日に行われたW杯アジア最終予選の日本戦に出場【写真:Getty Images】

代表として2005年2月9日に行われたW杯アジア最終予選の日本戦に出場【写真:Getty Images】

幼少期のつらい経験も反骨心で克服「アイデンティティーを生むことができた」

 在日朝鮮人3世として日本で生まれ育った李漢宰。時代背景こそ現在と違えど、朝鮮学校に通っていた小学生時代にはそのルーツゆえに「つらい思い」もしたという。ただ、その経験があったからこそ、自分のアイデンティティーを確立することができたとも話す。

「僕が通っていた朝鮮学校は生まれた場所から100メートルも離れていないくらいのところにあって、周りも在日の人ばかりでした。『おい、朝鮮人、朝鮮人』と差別を受けたり、自分の家に殴り込みに来るような人がいたくらい、ドラマや映画で見るようなシーンが学生時代にはたくさんあって、自分たちが在日だと意識するような環境でした。でも、逆に言えば、そういう反骨心があったからこそ自分たちの熱い思い、アイデンティティーを生むことができたと思います。小さい頃から、『大人になったら朝鮮代表として、日本代表と闘うんだ』という夢を自然と持っていました」

 だからこそ、プロデビューを経て、2004年10月に北朝鮮代表として初めてピッチに立った際は、特別な思いが湧いてきたという。

「例えるなら、(2010年の南アフリカ・)ワールドカップの(グループリーグ)ブラジル戦で鄭大世選手(現・アルビレックス新潟)が大粒の涙を流したのと同じくらい、自分も初めて代表のユニフォームを着てピッチに立った時は、『今までこのために生きてきたんだ』と涙をこらえることができませんでした。今思い出しても、少しうるっときます。ただプレーするだけじゃなくて、どれだけ勇気と希望を与えられる存在になれるか、と考えた記憶があります。

 僕はドイツ・ワールドカップの最終予選を戦い、あと一歩のところで本戦出場を逃しましたが、2010年に朝鮮代表は(44年ぶりに)ワールドカップ出場権を掴みました。そのピッチに立ったのが、当時一緒にプレーした安英学さんであり、鄭大世選手であり、梁勇基さん(現・サガン鳥栖)。僕はそのピッチには立てなかった。4年間、自分も必死にワールドカップ出場を夢見て戦っていましたが、今振り返れば安英学さんと比べて夢を追い続ける、本当に掴む気持ちが足りなかったんだと思います」

女子選手・李誠雅の熱い思いに感銘【写真:©FCMZ】

女子選手・李誠雅の熱い思いに感銘【写真:©FCMZ】

女子選手・李誠雅の熱い思いに感銘「昔の自分を見ているようだった」

 安英学氏と並び、在日Jリーガーのパイオニア的存在として戦い続け、プロキャリア20年目を迎えた李漢宰にとって、今年7月に在日サッカー選手として心が熱くなる出来事があった。それが、なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)2部に参戦する日体大FIELDS横浜の3年生FW李誠雅(リ・ソンア)が、在日朝鮮人3世のルーツと向き合い、「朝鮮代表でワールドカップに出て優勝する」という夢を追い続ける理由をクラブ公式noteに綴った「祖国と自分」と題した記事だ。面識こそないが、自分の思いをストレートにぶつける李誠雅の姿に感銘を受けたという。

「李誠雅選手もいろんな思いがあるなかで、意を決してnoteに思いを綴った。昔の自分を見ているようで、今の時代にもそういう思いを持ってくれているんだと久々に熱い気持ちになりました。僕らは在日朝鮮人3世として日本で生まれ、日本で育ってきました。韓国、朝鮮に行ったことがあるかと言われたら、それこそ数えるくらいしかないし、どこまで知っているかと言われたら、日本の方たちとそんなに変わらないくらいしか街並みも知らないかもしれません。ただ、自分のおじいちゃん、おばあちゃんが生まれた場所で、切っても切れない場所。一生背負っていかないといけないものだと思います。

 スポーツと政治の結び付きは難しい部分があるのは理解しています。例えば、僕の『朝鮮代表でプレーすることを夢見ていた』『祖国を愛している』といった言葉を見た時に、『朝鮮に帰ればいい』という思いが出るのは間違いではないと思います。ただ、在日の人間がどういうものを背負って今を生きているのか、もう少し感じてほしい、理解してほしいという思いはあります」

 李漢宰にとって偉大な先輩である安英学氏は2017年の現役引退後、自らサッカースクールの代表を務めるなど、後進の育成に尽力している。「正直に言えば、(安英学さんは)僕がプロを終えて一番やりたかったことを、すでに実践している」と語る李漢宰だが、自らも現役選手としてメッセージを発信していきたいと思いを口にする。

「個人的に感じるのは、昔と比べると、朝鮮代表への価値観が下がってきている印象があるので、(日体大FIELDS横浜の)李誠雅選手くらいの思いを持ってもらいたい。それをピッチで表現して結果を出すことで、みなさんからの信頼も得られると思います。自分たちが描いていた夢、思いをそのままに、安英学さん、鄭大世選手、梁勇基さんが成し得たように、もう一度ワールドカップの舞台に立てるように、責任感を持ってやって頂きたい。

 絆じゃないけど、韓国語で『서로 돕고 이끌고 가자!(ソロトッコイクルゴカジャ)』という言葉があって、互いに助け合い、どんな時もみんなで手と手を合わせて前に進んでいくという思いでいます。僕は若い世代を引っ張っていく立場にいるので、第一線でやっている以上、まだまだそういう姿を見せていきたい。そして、僕たちは日本で生まれ育った在日として、今後もずっと生きていく。日本で生活していくなかで、日本でお世話になった方たち、クラブへの恩返しも含めて、サッカーを通していろんな思いを届けていきたいと思います」

 在日サッカー選手の中で最長となるプロ20年目を迎えている李漢宰は、若い世代の手本となるべく先頭に立っていく決意、そして日本への感謝の思いを改めて強くしていた。

※取材はビデオ会議アプリ「Zoom」を使用して実施。
(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda)

ジャンルで探す