J2首位・長崎を支える「二大要因」 手倉森監督の用兵術と“ストライカー”富樫敬真の輝き

長崎の手倉森監督は巧みな用兵でチームを率いている【写真:藤原裕久】

長崎の手倉森監督は巧みな用兵でチームを率いている【写真:藤原裕久】

手倉森監督の用兵術でストライカーの輝きを取り戻した富樫

 開幕から8試合を消化して7勝1分。V・ファーレン長崎はJ2唯一の無敗チームとして、2位・大宮アルディージャに勝ち点差4をつけて第4節から首位を堅持してきた。昨年リーグ12位に終わり、1年でのJ1復帰に失敗したなか、J2屈指の戦力を巧みに操る手倉森誠監督と、ポテンシャルを引き出された選手たちの活躍で順調な戦いを見せている。

 今季の戦力は豪華だ。前線に元コロンビア代表FWビクトル・イバルボ、FW玉田圭司、ブラジルのアトレチコ・ミネイロから鳴り物入りで補強したMFルアン、中盤にはMF秋野央樹、MF加藤大、川崎フロンターレから期限付き移籍中のMFカイオ・セザール、最終ラインにはDF二見宏志、DF亀川諒史、DF徳永悠平、GKに徳重健太とJ2トップレベルの顔がズラリと並ぶ。

 この豊富な戦力を率いる手倉森監督はモチベーターとして知られているが、その本質は選手を状況に合わせて巧みに起用する「用兵家」だ。ここでいう「用兵」とは、目指すスタイルをシステムに落とし込んで戦う戦術家とは違い、選手の持つ個性をスタイルの要とすることを指す。

 昨季の長崎はリーグ22得点のFW呉屋大翔(現・柏レイソル)が目立つあまり、「戦術呉屋」と言われたこともあったが、それこそが手倉森監督の真骨頂だ。今季も前線のイバルボにボールを集める「戦術イバルボ」、プレッシャーの少ない中盤の底から秋野のフィードを生かす「戦術秋野」など、選手の特性を活用したスタイルを状況に応じて使い分け、それを戦術の多様さや強さへとつなげている。

 こういった采配をさせるには、監督の求める個性を集めなければならないが、昨季からの積極補強が功を奏し、それを可能にできる戦力が今年の長崎を支えているのだ。

 そんな長崎で台頭してきているのが、プロ5年目のFW富樫敬真だ。

 フリーランを生かした前線からのプレスや、相手の背後を突くプレーで重宝されてきた富樫だが、本来は決定力の高さとシュートへの積極性を評価されてきた選手である。2016年当時、U-23日本代表を率いていた手倉森監督も「オフ・ザ・ボールの動き、シュートに持っていくまでの動きが良い」と、ストライカーとしての動きに注目して富樫をメンバーに招集した。それだけにここ数年の富樫は、本来の特長が影を潜めていた感が強い。

FW富樫敬真はチームの中で輝きを放っている【写真:藤原裕久】

FW富樫敬真はチームの中で輝きを放っている【写真:藤原裕久】

昨季22得点の呉屋とは違ったカラーで攻撃を牽引

 その富樫がここまで奪った得点はチームトップの3。決して爆発的な得点数ではないものの、3ゴールのすべてが本来の持ち味であるゴール前での輝きを感じさせ、ストライカーとしての復活を予感させている。

 なかでも第3節のアビスパ福岡戦(2-1)での2ゴールは象徴的だ。1点をリードされた後半20分に投入されると、イバルボからのボールを落としに素早く反応して2得点を奪取。得意のフリーランを生かして見事に戦術イバルボへ対応してみせ、試合後は「守備よりラインブレイク、スペースを突く、フィニッシュを意識した」と胸を張った。

 第7節の京都サンガF.C.戦(1-0)でも、難しい体勢からヘディングをねじ込み、怖いFWとしての顔を存分にのぞかせた富樫だが、前からの守備やフリーランが減ったということはない。逆に、守備では前線から献身的にボールを追いつつ、攻撃では周囲のプレーに合わせてゴールを狙うことで、一層動きにメリハリが出てきたようですらある。「僕は使われるタイプの選手。このチームはボールが良く出てくるのでゴールに向かいやすい」ということも影響しているのだろう。

「敬真は呉屋の代わりにはなりませんよ。今年は1人の選手に依存するようなチームにはならない補強をしていますから。でも、敬真も二桁得点はいくと思います」

 シーズン前、強化スタッフは富樫についてそう語った。言葉どおり、今の長崎は誰か1人に依存するチームではなく、個々の特長を生かして戦う強者のチームへと進化した。

 そして今の富樫を、誰も呉屋の代わりとは思わない。手倉森監督の用兵術に最も柔軟に対応する富樫は、強者・長崎の一員として、何よりストライカーとして再び輝こうとしている。(藤原裕久 / Hirohisa Fujihara)

ジャンルで探す