久保は「素晴らしかった」 レアルのジダン監督が賛辞「常にゴールへ向かっている」

マジョルカMF久保建英(左)とレアルのジダン監督【写真:Getty Images & AP】

マジョルカMF久保建英(左)とレアルのジダン監督【写真:Getty Images & AP】

“保有元”レアルの指揮官も評価 0-2で敗れるも「素晴らしいプレーをしていた」

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間24日、スペインのリーガ・エスパニョーラ第31節レアル・マドリード戦に先発フル出場したものの、ゴールには絡めずチームも0-2と敗れた。しかしスペイン紙「AS」によると、レアルのジネディーヌ・ジダン監督が試合後、久保について納得の評価を与えたと伝えている。

 この日2トップの一角に入った久保は、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスとフランス代表DFラファエル・ヴァランのマークを受ける形となった。前半19分にブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールの先制ゴールで優位に立ったレアルが冷静に試合を運ぶなかで、久保はボールを持てば局面を打開しようと腐心。同22分にはゴールまで27メートルの位置から直接FKを放ち、ラモスの直接FK弾によって2点ビハインドとなった後半17分には得意のドリブルからドイツ代表MFトニ・クロース、ラモス、フランス代表DFフェルランド・メンディを次々とかわす場面もあった。

 スコアは両チームの力量差がくっきりと表れたものとなったが、ジダン監督は久保への観察も怠っていなかったようだ。試合後の会見で、このように話している。

「彼は素晴らしいプレーをしていた。自分のプレースタイルを知っているし、ここで再びその能力を示してくれた。彼はとても鍛え上げられているし、常にゴールへと向かっている。彼の試合は私を驚かせることはない。ただ我々の懸念と集中していることは、今いる選手たちだけどね」

 現時点でレアルに在籍している選手が最優先と語った一方で、これくらいのプレーは久保ならできると捉えているようだ。ジダン監督の期待値の大きさは、久保にとって2度目のレアル戦でも変わらないものだったようだ。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す