Jリーグ外国人DF、日本のコロナ対応と比較…嘆き節「マスク取れとバカにされ…」

東京Vのブラジル人DFクレビーニョ【※画像:東京ヴェルディ公式ホームページのスクリーンショットです】

東京Vのブラジル人DFクレビーニョ【※画像:東京ヴェルディ公式ホームページのスクリーンショットです】

東京Vのブラジル人DFクレビーニョが強調 「日本に来たことを全く後悔していない」

 J2東京ヴェルディに所属するブラジル人DFクレビーニョが母国紙「O Dia」の取材に応じ、新型コロナウイルスの被害について訊かれるも「良い経験すぎて、日本に来たことを全く後悔していない」と強調した。その一方、日本でのマスク着用を母国の人たちから茶化されたエピソードを明かし、「日本のように予防していなかったので、ブラジルは今の状態になってしまった」と嘆いている。

「コロナウイルスが中国で発生し、ここにも来るとなった時、僕たちはマスクを使い始めたのを覚えている」とブラジル紙「O Dia」に語ったのは、今季でJリーグ2年目を迎えている21歳のクレビーニョだ。2019年夏、フラメンゴから東京Vに期限付き移籍し、同年8月の第29節水戸ホーリーホック戦でデビューし、正確なキックから1アシストをマーク。その後もコンスタントにプレーし、13試合に出場した。

 今季もフル稼働が期待されていたなかで新型コロナウイルスが直撃し、Jリーグは一時中断。当初は3月18日の再開を目指していたが断念し、現在は4月25日にJ3、5月2日にJ2、同9日にJ1と段階的に再始動する予定だ。

 オフから地道に準備を進め、2月23日の開幕節・徳島ヴォルティス戦(0-3)にスタメン出場したクレビーニョだが、勝負の2年目で思わぬ事態に直面している。それでも「良い経験すぎて、日本に来たことを全く後悔していない」と強調する。

 開幕直後にリーグが一時中断された形だが、クレビーニョは母国紙に対して新型コロナウイルスの影響は最小限にとどまっていると説明。「神に感謝しますが、ここでは感染があまり広がらなかったので、人々の態度も変わらなかった。クラブに到着するたびに体温計をつけ、大丈夫かどうか確認してくれた。今ではすべて問題なく回っている」と語り、周囲の対応に感謝の意を示している。

「文化、文明、すべての物事が非常に組織化され、サッカーのレベルも非常に高い」

 ブラジル紙「O Dia」は「若者は、日本人がどのように新型コロナウイルスに対応したかを話し、ブラジル人が時々からかったこともあると報告した」と指摘。クレビーニョは日本と海外で異なる“マスク着用”の意識に触れつつ、一つのエピソードを口にしている。

「ブラジルの人たちから『マスクを取れ』とバカにされ続けたけど、それはデタラメだった。日本のように予防していなかったので、ブラジルでは今のような状態になってしまった」

 米ジョンズ・ホプキンス大学が公表しているリアルタイム感染マップによれば(26日21時時点)、感染者数はブラジルが世界18位(2563人)、日本が同27位(1307人)。死亡者数はブラジルが世界16位(60人)、日本が同18位(45人)とブラジルで被害が拡大している。両国の状況を受けて、クレビーニョは日本の予防策を称えていた。

「日本でとても楽しんでいる。この国の文化、文明、すべての物事が非常に組織化されていて、サッカーのレベルも非常に高く、来た選手がすべて活躍できるような場所ではない。日本での生活をすごく気に入っているし、何年も続けたい」

 日本での成功を夢見る21歳のブラジルの若武者は、新型コロナウイルス騒動のなかでも前向きに努力を続けている。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す