各地で感染拡大 新型コロナウイルス最新情報

イニエスタ、バルサ時代に見せた5人翻弄の“忍者スキル”に再脚光 「遊んでいるみたい」

バルセロナ在籍時の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ【写真:Getty Images】

バルセロナ在籍時の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ【写真:Getty Images】

今季はACLに臨むイニエスタ…CL公式インスタグラムがバルサ時代の技術に驚愕

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)は28日、公式インスタグラムを更新した。ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがバルセロナ時代に見せた“忍者スキル”を投稿。「絵文字を使ってこの技術を表現して」と綴り、注目を集めている。

 2018年夏に神戸へ加入したイニエスタは、2020年元日に行われた天皇杯決勝で鹿島アントラーズを2-0で破り、クラブの初タイトル獲得に貢献。今季は、自身初めてのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場も決まっている。

 イニエスタは、バルセロナの下部組織から2002年にトップデビュー。数々のタイトルを獲得してきたレジェンドは、欧州の頂点であるCL優勝を4度経験した。そんななか、CL公式インスタグラムがイニエスタの“忍者スキル”動画を投稿。敵陣深く、左のサイドラインぎりぎりでパスを受けたイニエスタは、敵のスライディングを2人連続でかわしてコーナーフラッグ付近へ。もう1度スライディングを受けるもあっさりとかわし、今度は2人に囲まれるもキープを続けた。最後はパスで味方に戻し、5人を翻弄する超絶スキルを披露している。

 これに、CL公式は「絵文字だけを使ってこの技術を表現して!」と投稿。これにはファンも拍手や忍者、炎の絵文字で返すなど、感銘を受けており、さらに「サッカーって簡単なの?」「もはや遊んでいるみたいだ」とイニエスタの技術に驚きを隠せない様子だ。

 今季はCLではなく、ACL(AFCチャンピオンズリーグ)を戦うイニエスタ。G組に入った神戸は広州恒大(中国)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、水原三星ブルーウィングス(韓国)と対戦する。初戦は2月19日にアウェーで水原三星と戦い、バルセロナで長く活躍した英雄イニエスタがACLに参加することから、アジアでの期待も高まっている。現在は沖縄・読谷村でキャンプに臨んでいるイニエスタだが、今季も世界中を魅了してくれるに違いない。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す