トットナムFWソン・フンミン、一発退場の撤回にプレミア監督賛同 「正しいと思う」

ソン・フンミンのレッドカードは撤回された【写真:Getty Images】

ソン・フンミンのレッドカードは撤回された【写真:Getty Images】

背後からのタックルをきっかけにエバートンMFゴメスが右足首を脱臼骨折する重傷

 トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは、現地時間3日のプレミアリーグ第11節エバートン戦で(1-1)で相手MFアンドレ・ゴメスに背後から危険なタックルを見舞い、それがきっかけで右足首の脱臼骨折という重傷を負わせる結果となった。イエローカードからレッドカードに変更され、一発退場となっていたが、FA(イングランドサッカー協会)は5日にレッドカードの撤回を発表。現地時間9日にトットナムと対戦するシェフィールド・ユナイテッドのクリス・ワイルダー監督は「正しいと思う」と話し、ソン・フンミンに責任はないとの見解を示したという。韓国紙「朝鮮日報」が伝えた。

 ソン・フンミンは現地時間3日に行われた本拠地でのエバートン戦に先発出場。1-0とリードで迎えた後半33分にポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスへ危険なスライディングタックルを仕掛けた。これを受けたゴメスは前方に倒れ、さらにコートジボワール代表DFエルジュ・オーリエと衝突した際に足首をひねり、脱臼骨折の重傷を負った。

 ゴメスの足首があらぬ方向に曲がり、それを目にしたソン・フンミンは頭を抱え、涙を流してチームスタッフに体を抱きかかえられる一幕も。主審は当初イエローカードを提示していたが、深刻な事態にレッドカードに変更していた。

 一発退場判定となり、3試合の出場停止処分を受けたソン・フンミン。トットナムはこれに「ソン・フンミンは直接負傷に関与していない」と異議申し立てを行い、FAはレッドカードと処分の撤回を発表した。これにより、ソン・フンミンは出場停止がなくなり、シェフィールド・U戦から出場できることになった。

シェフィールド・Uのワイルダー監督がプレミアの判断に賛同【写真:Getty Images】

シェフィールド・Uのワイルダー監督がプレミアの判断に賛同【写真:Getty Images】

負傷を目の前で見たワイルダー監督は…「実に不幸なシーンだった」と言及

 シェフィールド・Uのクリス・ワイルダー監督は、「正しいと思う」とFAのレッドカード撤回を支持した。

「我々はトットナムの試合に行き、そのシーンを目の前で見た。深刻な怪我だとは知っている。すべての監督たちがアンドレ(ゴメス)の早い回復を祈っている。実に不幸なシーンだった」

 重傷を負ったゴメスを気遣いつつ、ソン・フンミンに責任はないとの見解を示したという。

 6日のUEFAチャンピオンズリーグ第4節レッドスター(セルビア)戦で2ゴールを挙げ、ネットを揺らした際にゴメスに向けて謝罪ジェスチャーを見せたソン・フンミン。その過剰な注目度は終息に向かうのだろうか。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す