C・ロナウド、スアレスの名前も… 「実現しなかった移籍トップ25」を英紙特集

「実現しなかった移籍トップ25」を英紙が特集【写真:Getty Images】

「実現しなかった移籍トップ25」を英紙が特集【写真:Getty Images】

リネカー氏の告白で過去の“可能性”が話題に スアレスはユーベ移籍に近づいた過去も

 元イングランド代表FWギャリー・リネカー氏が先日、現役時代にマンチェスター・ユナイテッド移籍に近づいていたと明かした。このようにサッカー界では噂には上りながらも実現しなかった移籍が数多く存在している。英紙「インディペンデント」では「実現しなかった移籍トップ25」と題した特集を組んでいる。

 リネカー氏は1986年から1989年までバルセロナに所属し、その後にトットナムへ移籍した。この時、実はユナイテッドからの接触があったがというが、そのオファーを断ってトットナムへ渡っていた。このエピソードを受けて、インディペンデント紙では同様に未遂に終わったトップスターたちの移籍の噂が紹介されている。

 今をときめく現役選手でいえば、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスやマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイア、同じくユナイテッドのウェールズ代表MFダニエル・ジェームズといった選手の名前が挙がっている。

 スアレスは2012年にユベントス移籍が噂に上ったが、当時のブレンダン・ロジャーズ監督の説得によって残留が決まった。マグワイアは今夏、DF史上最高額の8000万ポンド(約106億円)でレスターからユナイテッドへの移籍が実現したが、実は今から6年前にはわずか400万ポンド(約5億3000万円)で獲得できるチャンスがあったという。しかし、当時のユナイテッドを率いていたデイビッド・モイーズ監督はその選択をしなかったとされている。ユナイテッドで現在ブレーク中のジェームズは、今年1月にスウォンジーからリーズ移籍で合意間近だったという。

リストにはフィーゴ、ロナウジーニョといった歴戦の名手も

 過去の名手でいえば、元ポルトガル代表MFルイス・フィーゴ氏や元ブラジル代表MFロナウジーニョ氏といったクラッキの名前が目を引く。2005年にレアルを退団した当時32歳のフィーゴ氏にはニューカッスル移籍の可能性があったという。しかし、同選手が望んだ週給9万ポンド(約1200万円)のサラリーが障害となって実現はせず。イングランドではなく、イタリアのインテルへと移籍した。

 バルセロナでの活躍が印象的なロナウジーニョ氏だが、まだ全盛期前の2001年にはスコットランドのセント・ミレンと短期契約を結ぶ可能性があったとされている。当時は国際移籍の許可が下りず、実現しなかったとされている。

 そして、サッカー界のトップスターであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)がリストの最上位に名を連ねた。2003年にスポルディング・リスボンからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍し、そこから飛躍を遂げたことはよく知られているが、前アーセナル監督のアーセン・ベンゲル氏はそれ以前にロナウドに会い、獲得を試みていたと公言していた。

「インディペンデント」選出、実現しなかった移籍トップ25

「インディペンデント」が選出した「実現しなかった移籍トップ25」は以下のとおり。

1 クリスティアーノ・ロナウド→アーセナル
2 パトリック・ヴィエラ→レアル・マドリード
3 ルート・フリット→イプスウィッチ・タウン
4 ディエゴ・マラドーナ→シェフィールド・ユナイテッド
5 オリビエ・ジルー→バイエルン・ミュンヘン
6 ナニ→ミドルスブラ
7 ギャリー・リネカー→マンチェスター・ユナイテッド
8 ロベルト・レバンドフスキ→ブラックバーン
9 ロナウジーニョ→セント・ミレン
10 アラン・シアラー→マンチェスター・ユナイテッド
11 アンドリー・シェフチェンコ→ウェストハム
12 リバウド→トットナム
13 ジョージ・ウェア→ニューカッスル
14 エディンソン・カバーニ→ウェストハム
15 マイケル・エッシェン→バーンリー
16 パトリック・クライファート→ミドルスブラ
17 ロビーニョ→チェルシー
18 ロイ・キーン→ユベントス
19 ハリー・マグワイア→マンチェスター・ユナイテッド
20 エリック・カントナ→シェフィールド・ウェンズデイ
21 ルイス・フィーゴ→ニューカッスル
22 ダニエル・ジェームズ→リーズ
23 チャーリー・アダム→トットナム
24 ギャレス・ベイル→ウェストハム
25 ルイス・スアレス→ユベントス(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す