「W杯予選ミャンマー戦出場14人」を金田喜稔が採点 「イメージを変えた」と称えた選手は?

「W杯予選ミャンマー戦出場14人」を金田氏が採点【写真:Yukihito Taguchi】

「W杯予選ミャンマー戦出場14人」を金田氏が採点【写真:Yukihito Taguchi】

カタールW杯を目指す初陣に出場した全選手を5段階評価 中島の先制点は「スーパーゴール」

 日本代表は10日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の初陣ミャンマー戦(ヤンゴン)に臨み、2-0で勝利した。5日の国際親善試合パラグアイ戦(2-0)と同じ11人がスタメンに名を連ね、前半にMF中島翔哉(ポルト)、MF南野拓実(ザルツブルク)のゴールで2点をリード。悪天候と劣悪なピッチコンディションのなかでも相手を圧倒、その後追加点を奪えなかったもののW杯予選初陣で勝ち点3を手にした。

 カタールW杯に向けた第一歩となる勝利を、識者はどのように見たのか。1970年代から80年代にかけて「天才ドリブラー」として活躍し、解説者として長年にわたって日本代表を追う金田喜稔氏が、この一戦に出場した全14選手を5段階で評価(5つ星が最高、1つ星が最低)。手堅い無失点勝利により守備陣は総じて高評価、ゴールを奪った中島、南野の技術も称えた。

   ◇   ◇   ◇

<FW>
■大迫勇也(ブレーメン)=★★★

 パラグアイ戦での活躍を受けて期待をしていただけに、やや物足りなさの残る内容。劣悪なピッチコンディションのなか厳しいマークに遭い、前半28分には相手DFに後方から悪質なタックルを受け、普段は冷静な大迫が怒りを露わにした。後半19分の決定機では、ヘディングシュートを打てる場面でパスを選択。格下相手のアウェーゲームだったからこそ、今後対戦するチームを威圧する意味でも貪欲にゴールを狙ってほしかった。

<MF>
■中島翔哉(ポルト/→後半36分OUT)=★★★★

 左サイドから切り込み、ミャンマーDFとGKの頭越しに叩き込んだ前半16分の先制点はまさにスーパーゴール。決定力、すなわちチャンスを決めきる技術を持つ中島がチームにいることの大きさを改めて感じさせる一撃だった。実力差のある両チームの対戦で、何よりもW杯予選初陣という先制点が欲しいシチュエーションで、最高のゲームの入りとなった。その後も雨で滑るピッチ状況をものともせず、左サイドでドリブルを仕掛けて攻撃の起点に。常に相手の脅威となっていた。

2戦連続スタメンで評価を高めたMF橋本【写真:Yukihito Taguchi】

2戦連続スタメンで評価を高めたMF橋本【写真:Yukihito Taguchi】

2戦連続スタメンで評価を高めた橋本 「効果的なくさびのパスが何本かあった」

南野拓実(ザルツブルク/→後半31分OUT)=★★★★

 限りなく5つ星に近い評価。前半26分にヘディングシュートで2点目を奪っただけでなく、攻守において体を張り続けるなど献身性を見せ、チームの白星発進に貢献した。森保ジャパンになってからの南野は、クラブでレギュラーとしてコンスタントに活躍をしているからか、自信にあふれ、常に得点へのイメージを描いているからこそ、右足でも左足でも積極的にシュートを狙っている。ポジションは2列目中央だが、プレースタイルはシャドーストライカー。だからこそ1トップ大迫との距離感やコンビネーションが抜群で、日本代表における“トップ下”のイメージを変えた。

■堂安 律(PSV/→後半20分OUT)=★★★

 中島の1点目を導く高い位置での守備、南野の2点目を生んだアシストと、早い時間帯で2ゴールに絡んだ。特にアシストの場面は、自らが打ったシュートが跳ね返ってきて、ボールをコントロールしながら瞬間的に南野を見てクロスを送った。このあたりの技術の高さ、落ち着きはさすがだなと思わせるものだった。だからこそ、パラグアイ戦後に指摘したように、最近は自らのプレースタイルに悩んでいるように見えただけに、きっかけを作る一戦にしてほしかったが、その後が続かなかった。もちろん、再三にわたって起点となり仕掛けていたが、ミャンマーとの実力差を考えれば当然のこと。ゴールを奪って波に乗ってほしかったが、完全復活には至らなかった。まずはオランダに戻り、新天地のPSVでポジション争いに勝ってほしい

■柴崎 岳(デポルティボ)=★★★

 攻守のつなぎ役としてゲームをコントロールしていたが、二度訪れたチャンスでゴールを決めきれなかった。1本目は後半19分、中島のクロスを大迫がシュートを打たずにヘディングで落とした場面。右足のボレーシュートで狙ったがボールはクロスバーを叩いた。そして2本目は後半41分。酒井が右サイドを切り崩し、マイナス方向へグラウンダーパス。これをゴール正面でフリーで受けた柴崎は、ワントラップ後に相手GKの頭越しに浮かすイメージで右足を振り抜いたが、思うようにヒットせずセーブされた。もっともワントラップ目でゴールに正対してしまうと、インフロントにかけたループシュートを狙うのは難しい。柴崎クラスの選手なら、ワントラップ目でもう少し体を右斜めに向けた状態から狙うか、正面を向いた状況でボールを収めたのなら、ピッチも雨で濡れているし、低く抑えた強いシュートを狙っても面白かった。

■橋本拳人(FC東京)=★★★★

 2試合連続で先発のチャンスを与えられたなか、徐々に自分のプレーを出している。ボールを拾えるし、ミドルシュートも打てる。見えないところでの早い判断のつなぎ、攻撃を加速させる大迫への効果的なくさびのパスも何本かあった。そこに通すことができるから、南野や堂安、中島も連動して絡んでいける。ボランチのポジション争いも熾烈で、誰が一番手なのかは分からないが、橋本が信頼を高めたのは確かだろう。

厳しい寄せで相手に時間を作らせなかったDF吉田【写真:Yukihito Taguchi】

厳しい寄せで相手に時間を作らせなかったDF吉田【写真:Yukihito Taguchi】

ミャンマー相手に厳しい守備を見せた両CB 「リスタートからの得点」を要求

<DF>
長友佑都(ガラタサライ)=★★★★

 左サイドをアップダウンし、中島との連係から何度も相手の背後を取った。攻守における自らの役割をこなし、危ない場面を迎えることもほとんどなかった。サイドをほぼ制圧していただけに、チームとして2点止まりというのが物足りなさを残した。

吉田麻也(サウサンプトン)=★★★★

 W杯を経験し、普段のプレミアリーグでもクラブで熾烈なポジション争いを演じているだけに、アジア予選でどんなに実力差があろうとも気を抜かない姿勢、相手に一つもチャンスを作らせないというマインドを強く感じた。ミャンマーはカウンターしか攻め手がないなか、背後のスペースに気を付けながら一発のボールが出された時の対応は素早く、厳しい寄せで相手に時間を作らせなかった。

冨安健洋(ボローニャ)=★★★★

 吉田と同様に早めの潰しと的確なカバーリングで、相手に隙を与えなかった。また中島の1点目は、こぼれ球に反応し素早く縦パスを送った冨安のファインプレー。相手の守備陣形が整わないなかで、中島が突破するスペースを生み出した。ただ今後のW杯予選に向けて、2人に求めたいのは攻撃時のセットプレーだ。アジアを見渡しても吉田と冨安の高さ、そこに酒井や大迫も加わるというチームはない。だからこそ、アジアの戦いでリスタートから点が取れないのはダメ。ミャンマー戦でも惜しい場面はあったが、制空権を握っているからこそ、シンプルな形から競り勝ってゴールを決める形を、チームとして持っておきたい。

酒井宏樹(マルセイユ)=★★★★

 堂安、久保とのコンビネーションから右サイドを何度も突破。数多くのシュートチャンスを演出した。不動の右サイドバックとしてすでに確固たる地位を築いているが、アウェーの劣悪な環境のなかでもアピールする姿勢を貫いたのは素晴らしかった。

<GK>
権田修一(ポルティモネンセ)=★★★★

 相手のシュート自体が少なかったが、集中力を切らすことなくW杯予選初陣を失点ゼロで終えたことを評価したい。吉田、冨安のセンターバックコンビとの関係性を中心に、守備組織全体を動かすコーチングは年齢的(30歳)にも、権田だからこそ言いやすい雰囲気が生まれているように見える。淡々と結果を残し、森保監督の信頼を勝ち取りつつあるように見えた。

後半途中出場のMF久保、フィニッシュの局面には絡めず【写真:Yukihito Taguchi】

後半途中出場のMF久保、フィニッシュの局面には絡めず【写真:Yukihito Taguchi】

3人目として久保が出場 「切らなくていいカードを切ったようにも…」

<途中出場>

伊東純也(ヘンク/MF/←後半20分IN)=★★★

 後半26分に後方からのロングフィードに反応し、GKと1対1の局面を迎えたがループシュートは失敗。切り札としてピッチに投入されながら、得点に絡むことはできず、チームとしても伊東の特長を生かしきれたとは言い難い。ただ瞬間的に相手をぶっちぎるスピードはやはり魅力で、今後も日本の大きな武器になるだろう。まだ26歳。欧州で揉まれながら成長すれば、W杯予選で不可欠な戦力になるはずだ。

鈴木武蔵(札幌/FW/←後半31分IN)=★★★

 出場時間はアディショナルタイムを含めて20分ほどしかなかったが、何本かチャンスはあった。ゲーム終盤に投入された選手が結果を残すには、コンビネーション云々よりいかに自分でやりきるか。チャンスをもらったなかで、目に見える結果を残したかった。

久保建英(マジョルカ/MF/←後半36分IN)=評価なし

 森保監督が投入した真意は分からないが、基本的にこの試合で起用する予定はなかったように思う。3点目が取れず、切らなくていいカードを切ったようにも映ったが、それならばもう少し早い時間に投入して、中島や南野との連係も見てみたかった。わずかな時間のなか、ヒールでの落としでチャンスを作るなど見せ場はあったがフィニッシュの局面には絡めず。日本代表におけるW杯予選の最年少出場記録という“話題”は作ったが、インパクトは残せなかった。

[PROFILE]
金田喜稔(かねだ・のぶとし)

1958年生まれ、広島県出身。現役時代は天才ドリブラーとして知られ、中央大学在籍時の77年6月の韓国戦で日本代表にデビューし初ゴールも記録。「19歳119日」で決めたこのゴールは、今も国際Aマッチでの歴代最年少得点として破られていない。日産自動車(現・横浜FM)の黄金期を支え、91年に現役を引退。Jリーグ開幕以降は解説者として活躍。玄人好みの技術論に定評がある。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す