レアル、ジダン監督の“復帰初陣”で2-0快勝! イスコが新体制初ゴール、ベイルが追加点

レアル・マドリードは、ジダン監督の復帰戦を白星で飾った【写真:Getty Images】

レアル・マドリードは、ジダン監督の復帰戦を白星で飾った【写真:Getty Images】

第28節セルタ戦、後半にイスコとベイルが連続ゴール 新体制で幸先良く白星スタート

 レアル・マドリードは11日にサンティアゴ・ソラーリ監督の解任とともに、ジネディーヌ・ジダン監督との再契約を発表し、ジダン監督の初陣となる16日のリーグ戦第28節セルタ戦で2-0と勝利した。

 今季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)4連覇を目指したレアルだが16強でオランダのアヤックスに屈して敗退。10日の第27節バジャドリード戦で4-1と快勝したが、翌11日にソラーリ監督の解任とジダン監督の再就任が同時に発表された。チームを史上初のCL3連覇に導いて昨季限りで退任したジダン監督だが、再び白羽の矢が立ち、再就任後の初陣セルタ戦に臨んだ。

 元フランス代表FWカリム・ベンゼマを1トップに据え、ウェールズ代表FWガレス・ベイル、スペイン代表MFイスコ、スペイン代表MFマルコ・アセンシオが並び、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ドイツ代表MFトニ・クロースが2ボランチを形成。最終ラインは左からブラジル代表DFマルセロ、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、フランス代表DFラファエル・ヴァラン、スペイン代表DFアルバロ・オドリオソラを起用し、GKにはコスタリカ代表ケイラー・ナバスが入った。

 前半は0-0で折り返したなか、後半10分にレアルが左CKのチャンスを獲得。クロースのキックは相手に一度クリアされるも、こぼれ球に反応したモドリッチがダイレクトでボレーシュートを放つ。ジダン体制初ゴールを挙げたかに思われたが、ゴール前で味方が反応しており、オフサイド判定でノーゴールとなった。

 スコアが動いたのは後半17分だ。アセンシオのパスからベンゼマが背後を突き、中央へのラストパスにイスコが反応。飛び込むように合わせて新体制初ゴールを挙げた。先制弾を上げた直後にイスコはお役御免とばかりにスペイン代表MFダニ・セバージョスと交代した。

 リードしたレアルはさらに攻勢を強めて、アセンシオやベンゼマが相手ゴールに迫るなか、後半32分にベイルが利き足とは逆の右足シュートで追加点。試合はレアルが2-0で逃げ切り、ジダン監督の復帰戦を白星で飾った。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す