鳥栖トーレス、目にも留まらぬ“弾丸シュート”も… ポスト直撃に頭を抱えて悔しさ発露

鳥栖FWトーレス【写真:Getty Images】

鳥栖FWトーレス【写真:Getty Images】

0-0で迎えた後半にビッグチャンス、豪快に右足を振り抜くもポスト直撃でゴールならず

 J1サガン鳥栖は23日の今季リーグ開幕戦で名古屋グランパスと対戦し、スタメンに名を連ねた元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスがポスト直撃の弾丸シュートを放ち、思わず頭を抱える場面が生まれた。

 本拠地の駅前不動産スタジアムで名古屋を迎え撃った一戦で、Jリーグ2年目のトーレスは先発。昨夏に鳴り物入りで加入後、リーグ戦17試合3ゴールでJ1残留に貢献したストライカーは移籍後初めて開幕前のキャンプを経験し、チームメートとの連係を深めてきた。

 前半21分にはMF原川力からパスを受けると、ペナルティーエリアで相手2人に囲まれるも巧みな反転からシュートスペースを作り出してシュート。これは相手GKランゲラックの正面に飛んでゴールならなかったものの、巧みな動きでチャンスを生み出した。

 0-0のまま迎えた後半、ビッグチャンスを迎えたのは鳥栖だった。同10分、右サイドの原川が名古屋守備陣の背後を突くロングボールを供給。絶妙なタイミングで抜け出したトーレスが相手ペナルティーエリアに走りこむと、相手に寄せられながらも右足を思い切り良く振り抜く。目にも留まらぬ弾丸シュートにGKランゲラックも反応が間に合わなかったが、ボールは右ポストを叩いてゴールならなかった。

 これにはシュートの行方を見守ったトーレスも思わず両手で頭を抱える仕草を見せ、悔しさを露わにしている。

 鳥栖が決定機を逃すと流れは一転して名古屋へ。昨季J1得点王のFWジョーに連続ゴールを叩き込まれると、FW相馬勇紀とMF和泉竜司が途中出場ながらゴール。最終的に鳥栖は0-4と大敗を喫した。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す