コパ・アメリカ参戦の森保ジャパンに現地メディアが注目 指摘された日本の“過ち”は?

コパ・アメリカへの参加が決定している日本代表【写真:田口有史】

コパ・アメリカへの参加が決定している日本代表【写真:田口有史】

今夏に開催するコパ・アメリカに参加する日本代表

 日本代表は今年6月14日から7月7日にブラジルで開催するコパ・アメリカへの参加が決定している。現地メディアは大会に参加する日本にスポットライトを当てており、MF中島翔哉(アル・ドゥハイル)について「ワールドカップ(W杯)に連れて行くべきだった」と伝え、“過ち”と指摘している。

 日本は1日のアジアカップ決勝でカタールに1-3と敗れ、準優勝で大会を終えた。5度目のアジア制覇にあと一歩届かなかったものの、森保一監督の下で世代交代を進める日本にとって、成長と完成度を促すうえで貴重な経験となった。

 ブラジル代表やアルゼンチン代表、ウルグアイ代表にコロンビア代表など南米の強豪国が参加するコパ・アメリカへの参加が決定しており、日本はウルグアイに加え、チリ、エクアドルが同居するグループCに入った。

 ブラジルメディア「GAUCHAZH ESPORTES」は、「アジア杯準優勝チームであり、再構築中のチーム。日本がブラジルのコパ・アメリカに辿り着くまでの経緯」と見出しを打って報じ、「日本はロシアW杯のベスト16でベルギーに敗れてから、日本は再構築を施した。西野朗前監督はアグレッシブで大胆で攻撃的だった。一方、森保一監督は現実的であり対戦相手によって戦術を変更するスタイルだ」と紹介している。

中島は「W杯に連れて行くべきだった」とブラジルメディアが指摘している【写真:Getty Images】

中島は「W杯に連れて行くべきだった」とブラジルメディアが指摘している【写真:Getty Images】

「中島はW杯に連れて行くべきだった」

 また、記事ではMF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)とMF香川真司(ベジクタシュ)の不在に触れるなか、新体制でチームを牽引していた中島について指摘している。

「本田は2010年から16年までスターだったが、彼の時代は終焉を迎えた。香川もクラブで期待に応える存在にはなれず、ここ2年間は中島が日本人で活気のあるベストプレイヤーだった。中島はW杯に連れて行くべきだった存在であり、西野監督にとっては大きな過ちとなった」

 近い将来のビッグクラブ移籍が噂されていた中島だが、1月にカタール行きを決断したことが大きな話題を呼んでいた。現地メディアは中島について、本田と香川の後を継ぐ有望プレイヤーと見ているようだ。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す