日本代表の“美ロッカー”を韓国メディア称賛 アジア杯決勝敗戦も「マナー忘れなかった」

日本はアジアカップで準優勝に終わった【写真:田口有史】

日本はアジアカップで準優勝に終わった【写真:田口有史】

カタールに敗れて準優勝も… アジア杯公式ツイッターが日本の“美ロッカー”紹介で反響

 森保一監督率いる日本代表は、UAEで行われたアジアカップで準優勝に終わった。1日の決勝カタール戦で1-3と敗れたが、綺麗に清掃・整頓された日本代表チームのロッカールームの写真を大会公式ツイッターが公開。世界的な反響を呼び、韓国メディア「OSEN」も「マナーを忘れなかった」と称賛している。

 日本はグループリーグ初戦から6連勝で決勝にたどり着いたが、決勝のカタール戦では前半に2失点。後半にMF南野拓実(ザルツブルク)が1点を返すも、PKから追加点を奪われて1-3で敗れた。

 2011年大会以来の優勝は逃した日本だが、その振る舞いは称賛の的となっている。アジアカップ公式ツイッターは決勝翌日の2日、一枚の写真を公開。綺麗に清掃・整頓された日本のロッカールームを紹介した。ホワイトボードには3言語で「ありがとう!」の言葉を残している。大会公式ツイッターは「日本は英語、アラビア語、日本語で感謝のメッセージとともに、アジアカップ2019のロッカーを後にした」と伝えた。

 ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦のベルギー戦(2-3)後にも日本の“美ロッカー”は称賛を浴びていたが、今回も再び注目を集めている。各国メディアが反応するなか、韓国メディア「OSEN」も「日本代表の清掃本能、アジアカップ準優勝もロッカールームを清掃」と報じた。

 記事では「優勝は逃した日本代表チームだが、ロッカールームを綺麗にして再び目を引いた。所定の場所に物が置かれており、床にはゴミ一つないような様子」と言及。そのうえで、昨夏のロシアW杯を引き合いに出しつつ、「ロシアW杯で敗退後もロッカールームを綺麗にして各国メディアから称賛を受けた。今回もマナーを忘れなかった」と続けている。日本代表チームが見せたマナーを韓国メディアも称えていた。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す