日本代表を脅かす中東勢の台頭 長友佑都が抱く危機感「W杯に出られるか分からない」

日本代表のDF長友佑都【写真:AP】

日本代表のDF長友佑都【写真:AP】

アジア杯でカタール、UAE、イランがベスト4入り 韓国や豪州はベスト8敗退

 森保一監督率いる日本代表は1日のアジアカップ決勝カタール戦で1-3と敗れ、惜しくも準優勝に終わった。DF長友佑都(ガラタサライ)は中東勢の台頭を受けて、2022年カタール・ワールドカップ(W杯)に「出られるか分からない」と危機感を強めている。

 決勝では、前半12分に豪快なオーバーヘッド弾を決められると、同27分に強烈なミドルシュートを叩き込まれた。0-2と劣勢の日本は後半24分、MF南野拓実(ザルツブルク)が1点を返して反撃に出るも、同38分にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定からPKを献上し、これを決められて万事休した。

「決勝まで来ましたけど、正直、ワールドカップに出られるか分からない危機感はある」

 そんな思いを口にしたのが長友だ。その理由は今大会の結果を見れば一目瞭然となる。 日本は2011年大会以来の優勝を逃した一方、今大会は中東勢の台頭が目を引いた。ベスト4に勝ち上がったのは、日本とカタールに加え、イランと開催国UAEだ。韓国やオーストラリアはベスト8で姿を消している。

「(W杯に)日本は出て当たり前だと、皆さんも選手も思っていたはず。カタールが出てきて、UAEもいるし、イラン、イラクもいる。これまでと同じ4チームしか行けない状況だと、これはもう分からないですね」

変わりつつあるアジアのパワーバランス、日本は9月開幕の22年W杯アジア2次予選から参戦

 昨夏のロシアW杯ではアジア大陸に4.5枠が与えられ、日本、イラン、韓国、サウジアラビアの4カ国が最終予選で出場権を獲得。またオーストラリアが大陸間プレーオフを制して最終的に本大会出場を果たした。6大会連続6回目の出場となった日本が16強でベルギーに2-3と惜敗したのは記憶に新しい。しかし、長友は今大会を通じてアジアのパワーバランスが変わりつつあると感じているようだ。

「日本がワールドカップに行けないことも考えておかないといけないくらいの危機感」

 日本は今年9月から始まる2022年W杯2次予選から参戦する。成長途上の森保ジャパンはチーム作りを進め、アジア予選を勝ち抜けるか。台頭する中東勢は大きな脅威となりそうだ。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

ジャンルで探す