元日本代表MF稲本潤一、J3相模原移籍で“先輩”川口と“盟友”小野から受けた言葉とは?

J3のSC相模原に新加入した稲本【写真:Football ZONE web】

J3のSC相模原に新加入した稲本【写真:Football ZONE web】

昨季まで相模原でプレーした川口から「なんでも聞いてくれ」とサポートを約束する連絡

 J3のSC相模原は26日、相模原市内で2019シーズンの新体制発表を行った。18人の選手が新たに加わったなか、ひと際目を引くのが元日本代表MF稲本潤一だ。これまでJ1通算225試合19得点、ワールドカップ(W杯)出場3回、プレミアリーグの名門アーセナルに所属した経験も持つベテランにとってJ3は“未知なる世界”だが、昨季限りで現役を引退した元日本代表GK川口能活から「なんでも聞いてくれ」と連絡があったという。

 稲本はプロ22年目の昨季、15年から加入した北海道コンサドーレ札幌でリーグ戦2試合の出場にとどまり、シーズン終了翌日に退団が決定。現役続行を希望していたなか、1月23日に相模原への完全移籍加入が決まった。

 02年日韓大会をはじめW杯出場3回、海外もイングランド、トルコ、ドイツ、フランスと渡り、名将アーセン・ベンゲル(当時)が率いるプレミアの名門アーセナルのユニフォームにも袖を通した稲本。Jリーグ通算264試合20得点、プレミアリーグ通算66試合4得点、ブンデスリーガ通算43試合0得点など、その実績と経験値は現役選手の中でトップクラスも、J3の舞台は初になる。「いろいろ困難も出てくると思う」と本人も話すが、頼もしい人物からサポートの約束があったという。

「能活さんから連絡がありました。『なんでも聞いてくれ』と言われましたね」

 “能活さん”とは昨季まで相模原に3シーズン所属し、日本代表で稲本とも共演してきた川口だ。稲本にとっては4歳年上の偉大な先輩だが、全面バックアップを申し出てくれたと明かす。また、同じ1979年生まれで99年ワールドユース(現U-20W杯)で世界2位に輝いた“黄金世代”の盟友・元日本代表MF小野伸二(札幌)からも、移籍が決まって連絡した際に「頑張ってくれ」とエールがあったという。

(左から)昨季限りで現役を引退した川口氏、元同僚のMF小野【写真:Getty Images】

(左から)昨季限りで現役を引退した川口氏、元同僚のMF小野【写真:Getty Images】

「今はできる限り何年も、引退せずに現役を続けたい」

 今オフには同じ79年生まれのMF小笠原満男(鹿島アントラーズ)やDF平川忠亮(浦和レッズ)をはじめ、自身よりも年齢の若い元日本代表FW巻誠一郎(ロアッソ熊本)、MF森﨑和幸(サンフレッチェ広島)ら多くの選手が現役を引退した。稲本は「寂しかった」と触れるとともに、自身のキャリアについても言及した。

「引退した選手が多かったのは寂しかった。(みんな)まだできるだろうという思いは僕個人としてはあります。ただ、各選手が選んだ決断なので尊重したい。いつかそれは自分に来ること。でも、今はプレーする喜びだったり、プレーしたい気持ちのほうが強いので、できる限り何年も、引退せずに現役を続けたいと思います」

 百戦錬磨の39歳は、燃え尽きる瞬間まで全力疾走を続ける覚悟だ。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda)

ジャンルで探す