韓国、“衝撃の8強敗退”を母国紙速報 「59年ぶりの優勝への挑戦が水の泡になった」

韓国がアジアカップ準々決勝でカタールに0-1で敗れた【写真:Getty Images】

韓国がアジアカップ準々決勝でカタールに0-1で敗れた【写真:Getty Images】

後半33分に先制点を許し、その2分後のゴールもオフサイド判定でカタールに敗退

 韓国代表は25日、アジアカップ準々決勝でカタールに0-1で敗れ、ベスト8で姿を消した。母国メディアは「8強敗退の衝撃」「59年ぶりの優勝への挑戦が水の泡」と報じている。

 FIFAランク53位の韓国は、エースのFWソン・フンミンを今大会初めて右サイドで起用。トップ下にはMFファン・インボムを入れ、同93位のカタールに挑んだ。

 試合は一進一退の攻防が続き、0-0のまま迎えた後半に韓国が徐々に支配率を高めていく。

 後半27分には、ソン・フンミンがペナルティーエリア内で相手の守備を切り裂くも、左足シュートはGK正面を突いてゴールならず。その3分後には、敵陣ペナルティーエリア手前でMFイ・チョンヨンが倒されてFKを獲得。かつてJリーグのアルビレックス新潟でプレーしたDFキム・ジンスが左足で直接狙うも右ポストを叩いた。

 均衡が崩れたのは後半33分。カタールのMFアブデルアジズ・ハティムがペナルティーエリア後方の約25メートルの位置から左足を一閃。韓国マーカーの股下を抜けた一撃がゴール右隅に突き刺さり、韓国はカタールに先制点を許してしまった。

 その2分後、韓国はDFイ・ヨンの右サイドからのクロスをガンバ大阪のFWファン・ウィジョが押し込んで同点に追いついたかに思われたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)適用の末にオフサイド判定でノーゴールとなった。

 韓国は終盤にFWイ・スンウも投入して反撃を試みたが、最後までゴールを奪えず。0-1でカタールに敗れ、ベスト8で姿を消した。

 韓国紙「MKスポーツ」は「韓国、8強敗退の衝撃。59年ぶり優勝の夢挫折」と速報。「59年ぶりの優勝への挑戦が水の泡になった。準々決勝で衝撃的に敗退」と綴り、1960年大会以来のアジア王者への夢が潰えたことのショックを伝えていた。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す