PKは「決まったらいつもホッとする」 吉田、VARの末の勝利に安堵「やっと1点…」

日本代表DF吉田麻也【写真:AP】

日本代表DF吉田麻也【写真:AP】

前半24分のヘディング弾はVAR適用でノーゴール 後半VARの末に堂安がPK獲得で勝利

 日本代表は24日のアジアカップ準々決勝ベトナム戦で1-0と勝利し、ベスト4に駒を進めた。DF吉田麻也(サウサンプトン)は試合後、MF堂安律(フローニンゲン)の決勝ゴールについて「PKは決まったらいつもホッとしますよ。やっと1点入ったなと」と、素直な心情を吐露した。

 吉田は前半24分にコーナーキックを頭で合わせて先制ゴールを決めたかに思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の進言で映像確認の末、ハンドと判定されて取り消された。その後、同30分過ぎにはGK権田修一サガン鳥栖)との連携が乱れて大ピンチも招き「個人的にパフォーマンスが良くなかった」と反省が口をついた。

 そうしたなかでも後半にはMF原口元気(ハノーファー)のスルーパスを受けた堂安が倒され、その時点でファウルの笛はならなかったが、VARの進言でPKと判定。これを堂安が蹴り込んだ。その光景に吉田は「PKは決まったらいつもホッとしますよ。やっと1点入ったなと」と、素直に安堵したのだという。

 もっとも「アタッキングサードの質を上げる攻撃の崩しは課題。良い感じでできている時間もあったけど、決め切ること。後ろは引き続き安定感を出さないといけない」と、チームの課題も認識している。

 中3日での準決勝に向けて「連戦は言い訳にならないので。次に良いパフォーマンスでチームに貢献するようにできることしかないですね」と、コンディション調整を万全に行ってプレーの質を高める決意を語った。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す